【タラズ】2000年前からある街へ行ってきたなの!


モロくんなの!

昨日はビザ申請第一ラウンドが終わったので、ビザができるまでカザフスタンへ行くことにしたなの!


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、タジキスタンにいます。
9月下旬からウズベキスタンを、10月上旬にトルクメニスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、世界一周ランキング33位なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




というわけで朝早くバスターミナルへやって来たなの。



かいぬし:「タラズ!」

と叫んだり、

かいぬし:「タラズ?」

と疑問形にしたりしながら歩いていると



すぐにタラズ行きのマルシュルートカが見つかったなの!
(キルギスには『タラ』という街もあるらしいから、行くときは気をつけるなの!)

350ソムを払い、助手席をゲットしたなの。

9時ちょっと前にお客さんが集まったので、出発したなの!

ふと運転席を見てみたら



走行距離が621281.3kmだったなの! 地球15周分なの!

かいぬし:「こういうのを見ると、日本の車検ってなんだろなーって思うよね」

マルシュルートカが国境についたので



荷物を持って、出国と入国の作業を済ませるなの。

あまり日本人が来ない国境なのか、現在日本人はカザフスタンの入国にビザは必要ないのに

入国審査官:「ビザ?」

と聞かれたなの。

かいぬし:「ヤポーニャ ニエット ビザ!」

と答えたら、スタンプを押してくれたなの。少し心配なの。

先日のカザフスタンからキルギスへの国境越えで大変な目に遭ったからドキドキしていたけど



無事に国境を超えた後、マルシュルートカに乗ることができたなの。

そんなわけで、カザフスタンへ再入国なの!







すいすい進んだおかげで、1時半くらいにタラズのバスターミナルへ着いたなの!

かいぬし:「この街は紀元前からある街らしくて、少し前には街の創立2000周年をお祝いしたんだって」

歴史が長すぎて、逆にピンと来ないなの。

そして、着いたはいいけれど困ったことに、カザフスタンのお金を全く持っていないなの・・・・・・
(前回のカザフスタンでは、トイレに払うお金すら残らなかったなの。)

近くにATMや銀行もなくて途方に暮れていたら



タクシーの運転手さんが、ツケ払いで両替屋さんへ乗せて行ってくれたなの!

無事に両替を済ませて、たくさんお金があって気が大きくなったかいぬしさんは、この運転手さんを一日チャーターすることにしたなの。







まずは、30分くらいタクシーを走らせて



アイシャ・ビビ廟というところへ着いたなの!

かいぬし:「ここはアイシャ・ビビさんのお墓なわけなんだけども、そこにはこんなお話があるんだ・・・」
 
商人の娘アイシャビビはカラハン朝王子と恋に落ちた。だが父親の反対で容易には会うことができなかった。
不憫に思った母親が乳母のババジカトゥを伴わせ、密かに家から送り出した。
王子に会う前にタラス河で身を清め、河畔で身に付ける衣装を手繰り寄せたとき、不運にも毒蛇にかまれてしまった。
王子は駆けつけ,アイシャを抱き上げた。そして息を引き取る前に急ぎ結婚式を上げ、
彼女のために立派な廟を造ることを誓った。それがこのアイシャビビ廟だという。
また王子はイスラム法が複数の妻を娶ることを許容しているに拘わらず生涯独身を通したという。
(『中央アジアの旅』より引用)


感動エピソードなの!

かいぬし:「まぁストーリーもさることながら、なんといっても」



かいぬし:「この装飾の美しさといったらたまらないね! げへへへ」

宗教施設に対するかいぬしさんの変態ぶりが発揮されてきたなの。



かいぬし:「見てくださいこの素敵なボデー!

どこかの通販番組の元社長さんみたいになっているなの。



中にはレースがかけられた棺が置いてあったなの。(といっても何も入っていないらしいなの。)

すぐお隣には、アイシャ・ビビさんの乳母である



ババジ・カトゥン廟という建物もあるなの。



こちらは中に敷布団が一つ敷いてあるだけなの。







タクシーに戻り、また30分ほど走って



カラハン廟というところへ来たなの。

ここで残念ながら雨が降り出してきてしまったなの。

かいぬし:「日本を出てから60日ちょっと経つけれど、観光中に雨に降られたのは初めてだねー」

残念ながら鍵がかかっていて、中には入れなかったなの。



またタクシーで少し移動して



丘の上に立つテクトルマス廟(マン・バラル)というところへ来たなの。

ここはどういうところなの?

かいぬし:「知らなーい。昨日タラズで検索かけたら見つかったから来てみた」

せっかく歴史のある街に来たのに、事前知識がないと意味ないなの・・・・・・



この丘からは、タラス川という川が見えるなの!

かいぬし:「ここはいくらばかりか昔、どこかとどこかの国がなんやかんやの戦いをした場所らしいよ」

曖昧すぎて全然分からないなの!

※ 『タラス河畔の戦い(Wikipedia)







街の名所らしき場所を一通り周ったので、バスターミナルへ戻ったなの。


本日の『とモロだち』


ドライバーさん、ありがとうなの!



それでは、マルシュルートカに乗って次の街へ向かうなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!




【ゴルノ・バダフシャーン】パミールとワハーン回廊のダイジェストなの!


モロくんなの!

キルギスのオシュから一週間かけて、タジキスタンのゴルノ・バダフシャーン自治州、通称パミール高原というところを旅してきたなの!

また順番に記事に書くけど、今回はダイジェストでお送りするなの!



 
【かいぬしからのお知らせ】

「ボクは今現在、タジキスタンにいます。
9月下旬からウズベキスタンを、10月上旬にトルクメニスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、世界一周ランキング34位まで下がってしまったなの。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

このバナーを押して、応援してほしいなの!




それでは、行った順番に写真を載せていくなの!

iPhoneImage.png

サリタシュ



iPhoneImage.png

サリモゴル(ピークレーニン山)



iPhoneImage.png

キルギス―タジキスタン国境



iPhoneImage.png

カラクル湖



iPhoneImage.png

アクバイタル峠



iPhoneImage.png

ムルガーブ



iPhoneImage.png

アリチュール



iPhoneImage.png

ヤシククル湖



iPhoneImage.png

ワハーン回廊



iPhoneImage.png

ランガル



iPhoneImage.png

ヤムチュン城址



iPhoneImage.png

ビビファティマ温泉



iPhoneImage.png

イシュカシム



iPhoneImage.png

ガラムチャシマ温泉



そして今は、ホーローグという街にいるなの!

とっても景色が良くて、星空もとても美しくて、温泉も気持ちよかったなの!

文句無しにオススメの場所なの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!






【ビシュケク】ビザとの戦い・第一ラウンドなの!


モロくんなの!

世界一周62日目は、ビシュケクに来た目的を遂行するなの!


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、タジキスタンにいます。
9月下旬からウズベキスタンを、10月上旬にトルクメニスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、Wi-Fiがないところにいるので、このブログの更新は予約投稿なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




キルギスのビシュケクは昨日の記事で書いたように、日本人の定番沈没スポットになっているなの。

それは物価が安いというのもあるけれど、そもそもこの街に長居する理由があるからなの。

それは―――



ビザの取得なの!!



中央アジア近辺には、ビザが必要な国がいくつかあるなの。

モロくんたちはそのうち
  • タジキスタン
  • ウズベキスタン
  • トルクメニスタン
  • アゼルバイジャン

のビザをここ、ビシュケクで取ろうと思っているなの。

それぞれのビザは発行までに1週間くらいかかるから、物価の安いこの街で沈没する人が多いというわけなの。

けれど、モロくんはどんどん移動型パッカーだから、ビザ取りの間の時間も無駄にしたくないなの。

そんなわけで、立てたスケジュールがこちらなの!



1.パスポートを預かられないウズベキスタンとアゼルバイジャンビザを申請する。

2.取得までの1週間で、ビザの要らないカザフスタンを周る。

3.1のビザを取得、アゼルビザがないと申請できないトルクメニスタンビザを申請。
__その後、パスポートを預かられるタジキスタンビザを申請。

4.取得までの1周間で、キルギスの東側を周る。

5.3のビザを取得、キルギス南部の街・オシュを経由してタジキスタンへ!



パーフェクトプランなの!!

しかし、ビザ取得はハードルが高いと評判なの。

かいぬし:「よくわからない理由で断られたり、かなり長く待たされたりすることがあるらしい」

そんなわけで、ビザとの戦い・第一ラウンド、スタートなの!!







ウズベキスタンビザを取得するためには、前日に電話連絡が必要なの。

だから、昨日宿のおばちゃんに電話してもらったら、11時に来るようにとのことだったなの。

そんなわけで11時になる前にまずは、



アゼルバイジャン大使館へ行ったなの!



営業時間の10時になってインターホンを押したけど誰も出てこなくて、守衛さんがまだいないよと教えてくれたなの。

そして10時20分くらいになって、ようやく職員さんが現れて、別の入口から入っていったなの。

しかし、受付のインターホンを押しても、出る気配が全く無いなの・・・・・・

そうこうしているうちに時間が過ぎてしまったので、ウズベキスタン大使館へ向かうことにしたなの。



対ビザ戦 戦績:0勝1敗







ウズベキスタン大使館は、11時1分に着いたなの。



インターホンを鳴らしたら、外で待っているように言われたなの。

しばらくして、カナダ人3人組も待ちに加わったなの。

そして、中からお客さんが出てきたと思ったら、カナダ人さんたちが先に入ってしまったなの!

慌てて一緒に入ったものの、先に受付をされてしまったなの・・・・・・

彼らはビザの受け取りだったらしく、一人あたり70ドル支払っていたなの。

ちなみに日本人は15ドルですむなの。ラッキーなの!

3人の番が終わって、申請は滞り無く進んだなの。

来週の木曜日に電話するよう言われて、ウズベキスタン大使館を後にしたなの。



対ビザ戦 戦績:1勝1敗







そして、12時前にまたもアゼルバイジャン大使館へやって来たなの。



さすがにもう職員さんがいるはずなのでインターホンを鳴らしたら、出てきてくれたなの。

けど、今日は受け付けできないと言われてしまったなの!


かいぬし:「なんで!? 金曜日の12時なのに!」

大使館職員:「テクニカルプロブレム」


曜日も時間も持ってきたものもOKだったけど、それでもダメな時があるなの・・・・・・

かいぬし:「これがビザ取りってやつなんだねー。手強いぜー」

そして、今日申請できなかったせいで、アゼルバイジャンビザが必要なトルクメニスタンビザも申請が伸びてしまうことになるなの。



対ビザ戦第一ラウンド 戦績:1勝2敗



そんなわけで今日は負け越してしまったなの。悔しいなの!







今後の予定が崩れてしまったかいぬしさんは鬱憤を晴らすため、



キルギス随一の規模を誇るツム百貨店へ行き



なんと一眼レフのレンズを買ってしまったなの!!

「違うんだよモロ。実は日本から持ってきたズームレンズは中国で壊れてしまったんだ。
バスが急停車したせいで肩にかけていたカメラがポロっと・・・・・・。
せっかく旅用に買ったカメラなのに、ズームレンズなしじゃ片手落ちだろ?
だからこの子に活躍してもらうためにも、新しいレンズが必要なわけなんだよ」


建前は分かったなの。本音はどうなの?

「これからモスクにいっぱい行くから、ドアップで撮ってげへげへしたい」

かいぬしさんの宗教施設好きは、硬い財布の紐すら開かせるなの・・・・・・

ちなみにお値段は、200ドルと1300ソムだったなの。ドルだとお釣りが出ないから混ぜて支払ったなの。







お買い物の後は



大きな像の立つ公園や



大きい国旗のある広場、



めったに電車の来ないビシュケク駅などへ行ったなの。

モスクワ行きの列車も出ているらしいなの。シベリア鉄道さんは手広いなの。



宿に戻ったら、今後の計画を考えたなの。

月曜日にアゼルバイジャンビザを申請していたら、ウズベキスタン大使館に電話する木曜日までに帰ってこれないなの。

それに、アゼルバイジャン大使館のテクニカルプロブレムがすぐに解決する保障もないなの。ということで


かいぬし:「そうだカザフスタン、行こう」


軽いノリでさらっと決めてしまったなの!

トルクメニスタンビザは後に回すことにして、次回からカザフスタン編(再)スタートなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!



【ビシュケク】沈没者が多い理由がすぐに分かったなの!


モロくんなの!

世界一周61日目は、キルギスの首都・ビシュケクからスタートなの!


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、タジキスタンにいます。
9月下旬からウズベキスタンを、10月上旬にトルクメニスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、Wi-Fiがないところにいるので、このブログの更新は予約投稿なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




昨日はカザフスタンのアルマティから、やっとの思いでビシュケクへ移動したなの。

一晩明けて、さっそくビシュケク市内をお出かけなの!



同じ宿の日本人2人と、オシュバザールという市場へ来たなの!



衣類や雑貨から、



食料品まで、何でも揃う広い市場なの!

まずは、腹ごしらえをすることにしたなの。



ганфан(ガンファン)を頼んだなの!

トマトベースのスープで具材が煮込んであって、それがご飯にかかっているなの。

とっても美味しかったなの!







しばらく3人で市場を周ったけど、市場大好きっ子のかいぬしさんは2人と分かれて単独でさらに散策したなの。



たくさんのナンや



たくさんのイチゴ、



たくさんのリモコンが売られているなの。需要少なさそうなの。

肉売り場を歩いていたら

本日の『とモロだち』その1


お肉屋さんに声をかけられたり、

青果売り場を歩いていたら

本日の『とモロだち』その2


子どもに写真を撮ってとせがまれたりと、キルギス人は社交的なの!



何も買わなくても歩いているだけでオシュバザールは楽しめるなの!

 




市場の後は、バスターミナルを見ようと思って歩いていたら



とっても小さな床屋さんを発見したので、髪を切ってもらったなの!

最初は切るだけで150ソム(300円)だったのに、シャンプー付きで120ソム(240円)だったなの!

本日の『とモロだち』その3


向かって右側の人がかいぬしさんの髪を切ってくれたなの。

左でもろくんを持っている人は、このベンチで寝ていたから関係者かどうかはわからないなの。







バスターミナルでどこ行きのバスがあるかを確認したら、宿へ戻ったなの。

そしたら入れ違いに、いちごタルトを買いに行く人がいたから、モロくんの分もお願いしたなの!

というわけで



ビシュケク名物、いちごタルトなの!!

たっぷりいちごが載っていて、タルトもサクサクで、しかも45ソム(90円)なの!

ご飯はおいしくて安いし、人も優しくて、ビシュケクで沈没する人が多い理由が分かった気がするなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!





【アルマティ→ビシュケク】国境越えでまたもトラブル発生なの!


モロくんなの!

世界一周60日目は、カザフスタンから次の国へ移動しようとしたのだけど、またもトラブル発生なの・・・・・・


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、タジキスタンにいます。
9月下旬からウズベキスタンを、10月上旬にトルクメニスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、Wi-Fiがないところにいるので、このブログの更新は予約投稿なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




カザフスタンには3日しかいなかったけれど、次の予定があるからもう出国することにしたなの。
(また後日帰ってくるなの!)

そんなわけで、他の宿に泊まっていたお友達・canさんと連絡をとって、一緒に国境を越えることにしたなの。



Hostel YES! Almaty』というテンションの高い名前のホステルをチェックアウトしたなの。

設備はいたって普通だけど、宿の人がいろいろ親切にしてくれて素敵なお宿だったなの!



今日も玄関にいたネコちゃんに別れを告げて、サイランバスターミナルを目指すなの。

しかし、教えてもらったバス停で待っていたけど、なかなかその番号のバスが来ないなの。

他の番号でも行くかもしれないから、来たバスに

かいぬし:「サイラン? サイラン?」

って聞いたら、運転手じゃなくて乗客のおばちゃんが

おばちゃん:「サイランならこのバス停じゃなくて、反対側よー!」

と教えてくれたなの!

教えてもらったバス停へ行って、

かいぬし:「サイラン、この番号でいい?」

と数字が書かれた紙を見せて確認すると、そこのおばちゃんはその数字に線を引き、違う番号を書いてくれたなの。

なんとバス停だけじゃなくて、乗るバスの番号も違っていたなの!







二人のおばちゃんの助けのおかげで、何とかバスへ乗ることができたなの。



バスには自動券売機があったなの! 一律80テンゲ(約50円)なの。

乗ること約30分、サイランバスターミナルへ着いたなの。

バスの中で「サイラン! サイラン!」言っていたおかげで、着いた時にみんながここだよって教えてくれたなの。

バスターミナルは割と広くて



なんとフリーWi-Fiまで飛んでいるなの。

国内の路線はもちろん、ロシアや中国、キルギスへの国際便も出ているなの。

canさんとも合流できたので、いよいよ出発なの!

バスよりもマルシュルートカ(ワゴン車みたいな感じ)の方が早いらしいので、そちらにすることにしたなの。

お値段は1300テンゲだったので、思ってたより100テンゲ安かったから



お昼ごはんを買うことができたなの!

さらに、canさんのお見送りに来ていた日本語ペラペラのカザフスタン人が


本日の『とモロだち』



その水だけじゃ足りないよ、と言って1リットルの水を2本買ってくれたなの!

イケメンな上に、優しいなの♪



それでは次の街へ出発なの!

かいぬし:「後にこの写真がボクらを救うことになるとは、この時は思いもしなかったのでした・・・・・・」

・・・・・・。







アルマティ市内は渋滞気味だったけど、少しすると



まっすぐな道をすいすいと進むなの!

助手席をゲットしたから、景色がとってもいいなの!



かいぬし:「しかし、そのせいであんなことになるとは、この時は思いもしなかったのでした・・・・・・」

さっきからちょいちょい変なモノローグが入ってくるなの。

トイレ休憩を挟んで(トイレ代すら払えなくて、canさんからもらったなの)、いよいよ



国境へ着いたなの!

荷物を全て持って、出国審査へと進んだなの。

出入国カードを回収されて、出国スタンプを押してもらったら



川をわたって入国審査へ進むなの。

かいぬし:「ということは今立っているここはどこなんだろう? どちらの国でもないから無法地帯なんだろうか」

けど、警備員が山程いるから、何かあったらすぐお縄になりそうなの。

地元の人はパスポートじゃなくて、IDカードのようなもので入国していたなの。

モロくんたちは別のところで、パスポートにスタンプを押してもらったなの。

というわけで―――



6ヶ国目、キルギスに到着なの!!

出口のところでマルシュルートカを待って、街の中心部へ向かうなの。







しかし、ここで事件発生なの!!







出口のところで数十人の人たちと車を待っていたけど、待てども待てども出てこないなの。

かいぬし:「ボクらは助手席に座っていたし二人で話していたから、他のお客さんのこと覚えていないんだよねー」

よく見てみると、モロくんより後にゲートから出てきた人たちが、車に乗り込んでいくなの!

そして、1時間経過してもマルシュルートカは来ないなの。

かいぬし:「うん、これはもう、あれだね」







国境に取り残されたなの!!!!







タクシーはいくつも停まっているけど、キルギスのお金を1円も持っていないなの。

かいぬし:「両替屋はあるけれど、カザフスタンのお金もトイレ代すらないくらいだからねー」

困り果てていたその時、サイランバスターミナルで撮った写真を思い出したなの!



電話番号らしきものが書いてあるなの!

そして、canさんが抜群の行動力を発揮してくれたなの。



近くにいた英語が少し話せる人に話しかけて、電話をかけてもらったなの。

彼に車は今どこにいるのか尋ねたその結果、



優しい人:「彼はもう家に帰ったと言っている」



やっぱり国境に置いてかれていたなの!!



そこでいろいろ交渉してもらって、ドライバーの弟が迎えにくることで決着したなの。

優しい人はドライバーの弟とも連絡をとってくれて、30分後に彼が来るまで見届けてくれたなの。

本当に助かったなの!



弟さんはキルギスの首都・ビシュケクの街中まで送り届けてくれたなの。

3〜4時間でには着くはずが、7時間近くかかってしまったなの・・・・・・

宿のことをあまり調べていなかったので、canさんが行く予定だったところに着いて行ったなの。



この宿にもネコちゃんがいたなの! かわいいなの!

かいぬし:「いくつか写真を撮っていたとはいえ、そんなにちんたら出国していたつもりはないんだけどなー」

みんなもマルシュルートカで国境越えをする際には、置いていかれないように気をつけてほしいなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!





らんきんぐ

モロくんなの!
「もろたび。」を応援してなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
(ポチっと押してほしいなの。)

ついったー

こめんと

  • 【京都・錦】商店街、老舗カフェ、行列のできるラーメン屋で食い倒れなの!
    柏原@台湾
  • 【かいぬし手記】ホンジュラスの学校と児童教育
    こっけ〜
  • 【かいぬし手記】ホンジュラスの学校と児童教育
    サンギタ
  • 【京都・錦】商店街、老舗カフェ、行列のできるラーメン屋で食い倒れなの!
    こっけ〜
  • 【京都・錦】商店街、老舗カフェ、行列のできるラーメン屋で食い倒れなの!
    柏原@台湾オバチャン
  • 【京都・錦】商店街、老舗カフェ、行列のできるラーメン屋で食い倒れなの!
    こっけ〜
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    こっけ〜
  • 【京都・錦】商店街、老舗カフェ、行列のできるラーメン屋で食い倒れなの!
    柏原@台湾オバチャン
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    森 きより
  • 【サンフランシスコエルアルト】グアテマラ最大の露店市なの!
    モロくん

モロくんのにっき

かてごりー



もろたび。けんさく

かれんだー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

あーかいぶ

とらっくばっく

ぷろふぃーる

そのほか

ケータイ

qrcode

おせわ

無料ブログ作成サービス JUGEM