【シベリア鉄道】芸を披露したら人気者になったなの!


モロくんなの!

旅を始めて2週間、14日目は



ハバロフスクから、シベリア鉄道で移動なの!


 
いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、Wi-Fiどころか電気もない草原に出ているので、このブログの更新は予約投稿なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




前日の夜に、ハバロフスク駅の終電に乗ったなの。

もう12時近いので寝ようとしたら・・・・・・ギターの音が聞こえてきたなの!

一つ隣のベッドで、若いロシア人のお兄ちゃんたちによる大宴会が始まっていたなの!

さっそくモロくんたちも参加してみたら、かいぬしさんがウォッカをいただいたなの!

かいぬし:「真夜中でも盛り上がるなんて、これがシベリア鉄道なんだねー」

と、思っていたら・・・・・・



車掌さんらしき人がやってきて、激怒していたなの。

みんなしょんぼりと片付け始めたなの。

かいぬし:「あ、やっぱり夜中に騒ぐのはシベリア鉄道でもダメだってことだね」







前回のシベリア鉄道は、ウラジオストクからハバロフスクまでの半日くらいだったから、ほぼ寝るだけで終わったなの。

けど、今回は3泊、57時間の移動だから、この日は終日シベリア鉄道なの!

といっても、列車の中にずっといるわけではなく



ところどころで20〜30分停車する駅があって、他のお客さんたちも体を動かしたり、タバコを吸うために降りていたなの。

朝、ベロゴースク駅というところに着いたなの。



駅前では、おばあちゃんたちがピロシキやペリメニを売っていたなの。









そうやって駅で食べ物を買うこともできるけど、モロくんは昨日出発する前に、スーパーでたくさん買い込んでおいたなの!


(左にある赤ちゃんの顔のパッケージのチョコレートが怖いなの・・・)

それを一人で食べていると―――



本日の『とモロだち』


昨日のギターを弾いていた人に呼ばれたなの!

向こうはずっとロシア語で、かいぬしさんはずっと日本語なの。

かいぬし:「それでも案外コミュニケーションってとれるものなんだよねー」

トランプがテーブルに置いてあったので、かいぬしさんが手品を披露したら





ギャラリーがたくさん増えて、手品をするたびにたくさん差し入れをもらったなの!

かいぬし:「いやー、『芸は身を助く』とはよく言ったものだね」

そこから、ビールやウォッカでパーティーになったなの!

今度は真夜中じゃないからか、車掌さんにも怒られなかったなの。







パーティーが一段落して、自分の席に戻ったなの。

せっかくなので、同じ部屋(?)の二人に、ロシア語を教えてもらうことにしたなの。

キリル文字には「Д」とか「Ф」とか見慣れないものもあって、難しいなの・・・・・・







車内では基本的に、ご飯を食べるか寝るかのぐうたら生活なの。

そんな中、針と糸で何かを縫っている人を見つけたなの。

でき上がりを見せてもらうと・・・・・・


(く、首を持たれると苦しいなの・・・)

なんと、軍の制服に紋章をつけていたなの! かっこいいなの!!

階級章や戦闘機の写真を見せてくれたので、どうやら彼らはロシア空軍らしいなの。

道理で上裸で過ごしている人が屈強そうなわけなの。







夜になって、また駅についたなの。



まだ日は出ているけど、もう10時を回っているなの。

モロくんたちは、ひたすら西へ向かっているので



列車の先は、夕焼けだったなの。

しばらく休憩して、出発するとき、



ワンちゃんがお見送りに来てくれたなの!

ロシアは駅や街中でも、野良のワンちゃんがたくさんいるなの。

でも決して攻撃的ではないから、安心なの。






移動1日目が終わったなの。でも、まだ明日もずっと列車移動で、明後日が到着なの!

まだまだ次の街は遠いけど、楽しんでいくなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!



【ハバロフスク】優しい人がいっぱいの街なの!


モロくんなの!

13日目は、昨日に続きハバロフスクからなの。

 
いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、Wi-Fiどころか電気もない草原に出ているので、このブログの更新は予約投稿なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




今日はゆっくり起きたなの。

ゲストハウスの共有スペースに行くと、スタッフさんたちがミーティングをしていたので



写真を撮らせてもらったなの!

モロくんを持っているのが、昨日一緒にお買い物へ行ってくれたケイトさんなの。

横にいる大きな男の人が、ペリメニを作ってくれたなの(名前を聞いていなかったなの・・・)。







それでは今日も町探検なの!

朝ごはん 兼 昼ごはんを食べようと思って、今日も中央市場へ行ったなの。

すると、気になるチラシが貼ってあったので矢印の方へ行ってみると・・・・・・



屋内動物園があったなの!





ミーアキャットさんや





フェネックさん、





カラカルさんもいたなの!





動物たちには、餌をあげることもできるなの。














たくさんの生き物が見られて、モロくん大満足なの!







動物たちに夢中すぎて、ご飯を食べるのを忘れていたなの。

ぶらぶら歩いていると、キオスクがあったので『シャウルマ』を食べることにしたなの。

160ルーブル払ってしばらく待つと



思ってたよりすごく大きい食べ物が出てきたなの!



中にはきゅうりやトマト、鶏肉などが入っていて、ソースがとても美味しかったなの!







食べながらぶらぶらしていたら、ショッピングモールを見つけたので休憩がてら入ったなの。

どんなお店があるかなーと見ていたら・・・・・・



なんと!!



偶然ケイトさんに会ったなの!!!!



そして、ケイトさんが散歩に誘ってくれたなの!

かいぬし:「こんなところで偶然会うなんてこれはもう運命の人じゃないだろうか」

調子に乗るななの!







一緒に散歩をしていたら、



ここがケイトさんが通う大学だと教えてくれたなの。なんと大学生だったなの。

「『Chinese traditional medicine』って言っていたから、漢方か東洋医学を勉強しているのかな」

他にもハバロフスクのことや、ケイトさんの故郷のウラン・ウデのことなどを教えてもらったなの。

日本のことも聞かれたので、日本の写真などを見せてあげたなの。

そして、昨日に続いてまた買い物のお手伝いをしてもらったなの。

おかげで『炭酸ガスが入っていなくて、一番安い水』を買うことができたなの!

他にも、トラムでハバロフスク駅へ行くときの番号を教えてもらったなの。

来るときはテキトーに乗っていたけど、全部で20系統あるらしいなの。

昨日はゲストハウスに無事にたどり着けてよかったなの・・・・・・





ケイトさんとお別れして、宿に戻ったなの。

チェックアウトした宿なのに、夜行列車の時間が遅いから午後9時くらいまで居座っていたなの。

そして、またトラムに乗ってハバロフスク駅へ行ったなの。



9時を回ってようやく薄暗くなってきたくらいなの。

列車に乗る前に、腹ごしらえなの!



スープと、ご飯に鶏肉にソースをかけて、たった101.5ルーブルだったなの!

鶏肉は卵でとじてある感じで、ふわふわだったなの!

スープもいろんなお野菜の味がして、美味しかったなの!

ロシアに5日間いるけど、ロシアのご飯は美味しいものばかりなの!







さて、ここからは57時間、3泊の列車旅なの!

日本で夜行バスはよく乗るけど、2日半も乗るのは初めての経験なの。

準備が必要だから、駅のすぐ横にあるスーパーで買い出しをしに行ったなの。

店内で買い物をしていると、警備員さんに呼び止められたなの。

ロシア語で話しかけられたけど分からなくて、「ヤポーニャ!(日本人!)」って返していたら



警備員:「OK、Google」


ケータイで翻訳サイトを起動したなの。そして、画面を見せてくれたなの。



画面:「あなたはハバロフスクが好きですか?」



まさかの雑談だったなの!



かいぬし:「ハバロフスク、ハラショー!(素晴らしい!)」



と答えたら、満足そうにどこかへ去っていったなの。

その後、買い物をしてたら、また警備員さんがやってきて、ケータイの画面を見せたなの。



画面:「私達は当店からあなたに贈り物を渡す用意があります」



え? という顔をして警備員さんを見ると・・・・・・





なんと、ハバロフスクのマグネットをプレゼントしてくれたなの!!!!



ケイトさん、ペリメニを作ってくれた人、警備員さん、みんな優しかったなの!

ハバロフスクに来て、本当によかったなの!!



それでは、57時間の列車の旅へスタートなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!



【ハバロフスク】ロシア美女とデートなの!?


モロくんなの!

ウラジオストクからシベリア鉄道に乗ること12時間半、



いよいよロシア2つ目の街、ハバロフスクに到着なの!

ウラジオストクからさらに北で、早朝で、しかも天気も曇りだから7月なのにとっても寒いなの!


 
いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、世界一周ランキング37位だけど、明日からしばらくWi-fiのないところへ行くつもりなの・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!





駅前にあった銅像があったなの。写真を撮った時はわからなかったけど

かいぬし:「『XaБapoBy』で『ハバロフ』と読むから、ご当地英雄かな?」

日記を書いている今は、キリル文字をだいぶ習得しつつあるなの!







ハバロフスクには、トラムが走っているなの。



料金は20ルーブル(約40円ちょっと)なの。お安いなの!

地図を頼りにトラムを降りてうろうろしていたら、若いお兄ちゃんが

ロシア兄:「ゲストハウス?」

かいぬし:「ダー! ダー!(そう! そう!)」

ロシア兄:(親指で、こっちに来いよ的な合図)


スタッフでもないのに、ゲストハウスに案内してくれたなの! とっても優しいなの!

午前9時位に着いたけど、お部屋に通してくれたので、仮眠をとることにしたなの。









お昼になったので、さっそくハバロフスク探検へ出かけるなの!



寝ている間にとってもいい天気になって、暖かくなったなの!

ここは「レーニン広場」というところで、





ハトさんがたくさんいたから、女の子たちと一緒に餌をあげたなの。







次に、中央市場へ行ってみたなの。



サケやイクラが大きな塊で売られているなの。

お肉屋さんでも



大きいままで売られていて、量り売りした肉は直にビニール袋に入れられていたなの。

野菜や果物売り場の中には、



よく分からないものが売られていたなの。
(誰か知っている人がいたら教えてほしいなの!)

ピロシキが18ルーブルで売られていたから、お昼ごはんに買ったなの。









今度は、南の方へ行ってみたなの。



アムール川なの! さっきのピロシキを食べていたら

本日の『とモロだち』


青森に行ったことがあるというおじちゃんが話しかけてきたなの。

ビートルズが大好きらしくて、たくさん歌ってくれたなの。



近くにはまた銅像があったなの。今度はアムールスコムさんなの。







かいぬし:「はい! やってきました宗教施設のお時間です!!」



いきなりテンション上がりすぎなの。ここはどこなの?

「ここは、ウスペンスキー教会だね。ロシアはキリスト教国なんだけど、」



「『ロシア正教会』という宗派に属するから、他の国とは少し内装が違うね」

具体的にどう違うなの?

「そうだね、例えばこれはその次に行ったスパソ・ブレオブラジェンスキー教会なんだけど、」



「教会の内部正面は『イコン』と呼ばれる聖なる絵で飾られているんだ」



モロくん、宗教のことは難しくてよく分からないなの。だけど







かいぬしさんが宗教施設を好きになるのも分かる気がするなの。

「だろ! 宗教施設というのはその国の文化の粋が集まっているんだ。彼らは自分たちの信仰を神や仏へ示すために、当時の最先端の建築や装飾の技術を駆使して宗教施設というのは造られる。そして、生活の中心に宗教があるからこそ、ここを訪れる人々の表情や姿勢は真剣かつ穏やかな表情をしており」

調子に乗らないでほしいなの!







ハバロフスク探検の締めに、アムール川を船に乗ってみたなの!



天気も良くて、絶好のクルーズ日和なの!



アムール川にかかる、長ーい橋なの。



「お、ウスペンスキー教会も見えるよ。遠くから見ても青い屋根が美しいなあ」



そんなこんなで約1時間の船旅だったなの。楽しかったなの!







たっぷりハバロフスクを満喫していたら、宿につく頃には9時を回っていたなの。

英語が少し話せる受付のお姉さんに近くにレストランがないかと聞いたら、この辺りは高いところしかないから自炊を勧められたなの。そして

ロシア美女「私はこれから帰るから、一緒に買い物をするのを手伝いましょうか?」

と言ってくれたなの! お姉さんは、ケイトさんという名前なの。

ケイトさんが帰り支度を整えるのを待って、近くのお店へ一緒に出かけたなの。



ケイト:「何が食べたい?」

かいぬし:「ロシアっぽいもの!」

ケイト:「じゃあ、これなんかどう?」




ケイトさんは、ロシアの郷土料理ペリメニを勧めてくれたなの。

ペリメニは大きな袋にいっぱい入っていたから、一人分になるようお店の人に注文してくれたなの。しかも



ケイト:「ペリメニの作り方は分かる?」

かいぬし:「ゆでる!」

ケイト:「塩を入れないといけないわ。どれくらい入れればいいか分かる?」

かいぬし:「わかんなーい・・・・・・」

ケイト:「じゃあ宿に電話して、塩の量を教えてもらえるように連絡しとくわ」




そう言ってケイトさんは電話をして、帰っていったなの。とっても優しい人なの!

宿に戻ると受付の男の人が、塩を入れるどころか皿に盛り付けるところまでやってくれたなの! さらに

ロシア男:「マヨネーズ、ケチャップ、チリソース」

と言って、冷蔵庫からいろいろ出してくれたなの。彼もとっても優しい人なの!



そして、ペリメニは中に肉が詰まっていて、とっても美味しかったなの!!

ここのゲストハウスにして、本当によかったなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!


【ウラジオストク】ロシアンキッズと遊んだなの!


モロくんなの!

11日目はロシアの東の街、ウラジオストクにいるなの!


 
いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、世界一周ランキング34位なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




今日はまず、一緒の宿に泊まった人の見送りへ駅へ行ったなの。

するとなんと・・・!



空港行きの電車が出発する5分前まで、窓口が閉まっていたなの!

窓口が空いてから列車を聞いて急いで向かったけれど・・・・・・



残念ながら列車が出発してしまったなの。

次の列車がないらしいので、バスターミナルへ向かったなの。

飛行機の時間に間に合うといいなの・・・・・・。







お見送りをした後は、モロくんたちだけで



ウラジオストク水族館へ行ったなの。

この水族館のイチオシは



チョウザメさんなの!

かいぬし:「チョウザメはロシアの名産であるキャビアの卵を産むサメで、淡水魚なんだよ」

チョウザメさんは、とーっても大きかったなの!

全体的には小じんまりとした水族館で





なぜか標本や剥製が多かったなの。







水族館を出た後は、街をぶらぶら散歩していたら、公園へ着いたなの。そして



サッカーをしている子どもたちと一緒に遊んだなの!



まったく言葉はわからないけど、スポ

かいぬし:「スポーツに言葉も国境もないね!」

いいところを取らないでなの!







しばらくしてメンバーが少し変わって、今度は『サバーチカ』という遊びをしたなの。



鬼にボールを取られないようにする遊びで、かいぬしさんはというと

「へいへい! こっちこっち・・・・・・と見せかけてはいフェイントー!」

子供相手に全力で、一度も鬼にならなかったなの。大人げないなの。



とっても楽しかったなの!







公園を離れて、宿のおトモダチと合流して、遅いお昼ごはんを食べたなの。

昨日と同じお店だけど、



ランチタイムメニューなのでもっと安かったなの!
(これで99ルーブル=約200円ちょっとなの)





お昼ごはんを食べたら、宿に荷物を取りに戻っていよいよ



シベリア鉄道で移動なの!

モロくんたちは3等列車で移動するので



中はこんな感じで、廊下とベッドがいっぱいなの。



すぐ前のベッドは、ウラジオストクに住むダマーラさんという女性だったなの。

上のベッド二つは、韓国人の2人組で、



ロシア人にロシア語を教わっていたなの。とっても勤勉なの。



今夜はシベリア鉄道の中で泊まって、目が覚めたら次の街なの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!



【ウラジオストク】ロシアの軍港を探検なの!


モロくんなの!

9日目はついにロシアへ入国したから、10日目の今日は探検なの!


 
いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、世界一周ランキング37位にやや後退なの・・・・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!



一緒の宿に泊まった日本人2人と一緒に、ウラジオストクの街を探検に出かけたなの。

かいぬし:「ウラジオストクはかつてソ連の軍港で、一般人は立ち入ることすらできなかったんだよ」

今は自由に歩けるから、いい時代なの!







まずは



レーニンさんにあいさつしたなの。

教えてもらうまで、てっきりクラーク博士だと思っていたなの。



セブン-イレブンっぽいコンビニや





ひび割れたシベリアトラさんなどを見ているうちに



ウラジオストク要塞博物館へ着いたなの!



かいぬし:「ここは、昔本当に要塞だったところで、当時の武器などが展示されているんだ」



魚雷や





ミサイル、





砲台もあるなの・・・・・・ってモロくんを弾込めしないでほしいなの!







次に、潜水艦博物館へ行ったなの。



なんと、ここも本物の潜水艦を使っていたなの!

潜水艦の内部は、モロくんはダイジョブだけど、



人間が通るには狭そうなの。





かいぬし:「これは潜望鏡といって、海上の様子を見る装置だね」





ここは、魚雷倉庫 兼 寝室なの。こんなところで絶対寝たくないなの!



出口近くでは、たくさんの階級章をつけた帽子が売っていたなの。



でも、モロくんには大きすぎたなの・・・・・・。







さらに歩くと、



ケーブルカーが走っているのを見つけたなの!

それで上まで登ってみると・・・・・・(たった10ルーブルだったなの♪)





ウラジオストクを見下ろす展望台に着いたなの!



とってもよい眺めなの!

近くのおみやげ屋さんでは



歴代の大統領のマトリョーシカが売っていたなの。

「全部で10マトリョーシカもあるなんて、手が混んでるねー」

マトリョーシカの単位は"マトリョーシカ"なの?

「しかし、新しい大統領が誕生したら、大きいので更に包むんだろうか・・・・・・」







夕飯は、他の宿に泊まっている日本人と合流して、地元の食堂へ行ったなの。



ロシア料理なのかは正直分からないけど、とっても美味しかったなの♪

ウラジオストクを満喫した一日だったなの!

 
本日の『とモロだち』



海沿いを歩いていたら、ロシアの男の子二人に会ったなの。

とっても素敵なスマイルなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!



らんきんぐ

モロくんなの!
「もろたび。」を応援してなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
(ポチっと押してほしいなの。)

ついったー

こめんと

  • 【アイスランド】圧倒的絶景! 滝に氷河に洞窟温泉なの!
    こっけ〜
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    こっけ〜
  • 【アイスランド】圧倒的絶景! 滝に氷河に洞窟温泉なの!
    なお
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    森 きより
  • 【イギリス】まずい料理 VS 貧乏舌のかいぬし! 逆ほこ×たて対決なの!
    モロくん
  • 【イギリス】まずい料理 VS 貧乏舌のかいぬし! 逆ほこ×たて対決なの!
    ここんとうざい
  • 【モロッコ】分け入っても分け入っても青い壁とネコちゃんたちなの!
    モロくん
  • 【メキシコ東部】先住民族にピラミッドにダイビング! 毎日盛りだくさんなの!
    モロくん
  • 【キューバ】ネットもねぇ! 便座もねぇ! だけどハッピーな国なの!
    モロくん
  • 【モロッコ】分け入っても分け入っても青い壁とネコちゃんたちなの!
    広瀬萌絵

モロくんのにっき

かてごりー



もろたび。けんさく

かれんだー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

あーかいぶ

とらっくばっく

ぷろふぃーる

そのほか

ケータイ

qrcode

おせわ

無料ブログ作成サービス JUGEM