【ペルー北部】被災地より現在の状況。街が謎の水没、復旧時期は未定。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
上のバナーを押して応援してくれると、ブログ更新の励みになります。


 

 

ペルー北部を陸路で旅する方は、ルートを再検討してください!!

 

 

 

3月18日(土) ペルー・トルヒーヨ

 

 

モロのかいぬし、こっけ〜です。

 

 

現在、ペルー北部のトルヒーヨという街で、完全に足止めを食らっています。

 

※ 3月16日の状況はこちら。

【大洪水】緊急! ペルーを陸路移動している方へ!

 

 

状況は変わらず、トルヒーヨは完全に陸の孤島と化しています。

 

 

政府の飛行機がリマまでの避難便を出しているそうなのですが、それに乗るために長蛇の列ができています。

(朝7時の便に乗るために、前日の夕方から並んでも乗れるかどうかという状況)

 

 

さらに、街全体で昨日朝から断水しています。

 

 

30度を越える暑さですがシャワーを浴びるどころか、トイレにも困る状況です。

 

 

そして、極めつけは、昨日の昼過ぎから街が水没しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は天気も良かったので、街から数km離れた遺跡とショッピングモールへ出かけました。

 

 

そして、宿に帰ろうと警官に街の中心部へ向かうバスを尋ねると、バスがないとのこと。

 

 

私がスペイン語がわからないことがわかると、自分の携帯電話で街の中心部が水没している映像を見せてくれました。

 

 

とはいえ、その中心部の映像から2ブロック離れたところにある宿に荷物があるので、歩いて中心部へ向かいました。

 

 

すると、

 

 

iPhoneImage.png

 

 

街が突然水没していました。

 

 

深いところでは膝近くまでの水があり、ひどい時は泥に足がはまってしまい抜け出すのもやっとという状況。

 

 

さらに、

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

流れが速いところではロープが渡されており、それを伝って反対側まで渡りました。

 

 

なんとか宿まで無事に帰りついたところ、宿の前は川でしたが、宿自体は少し高いところにあったので被害はありませんでした。

 

 

翌日も朝から天気がよかったので、水はかなり干上がっていましたが、今度は目も開けられないほどのひどい砂塵が舞っています。

 

 

 

 

 

いろんな人に話を聞いた所、1週間は復旧しないだの、来週の金曜日までは待たないといけないなど話はバラバラでした。

 

 

つまり、誰にもわからないくらい、復旧時期の見通しが立っていないということだと思います。

 

 

また雨が降ればさらに復旧は遅れると思うので、現在ペルーを陸路で旅する予定のある方は、リマ以北のルートを変更してください。

 

 

 

 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
励ましのワンクリックをお願いします。


 

 


【大洪水】緊急! ペルーを陸路移動している方へ!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれると更新の励みになります。


 

 

ペルー北部を陸路で旅する方は、ルートを再検討してください!!

 

 

 

3月16日(木) ペルー・チクラヨ

 

 


こんにちは、モロのかいぬし・こっけ〜です。

 

今回は私と同じく南米を旅している人のために、現地からの最新情報をお伝えしようと思います。

 

 


現在私は、ペルー北部にあるチクラヨという街にいます。

 

南米を北上しており、リマから北部の町を通ってエクアドルへ抜けようと思っていました。

 

13日発のトルヒーヨ行きの夜行バスは、問題なく運行していました。

 

しかし、翌14日にトルヒーヨからカハマルカへ向かおうと思っていた所、道路が雨で通れないため全バス会社が運休していました。

 

ですので、予定を変更してその日はトルヒーヨ近くのワンチャコという街で一泊しました。

 

そして、昨日15日の14時15分のバスでトルヒーヨからチクラヨに向かう時、ほとんどのバス会社が運休していましたが、Emtrafesaという会社だけが運行していたので乗車しました。

 

そして、予定より遅れて19時15分に着いたのですが、その時のEmtrafesaのバスターミナルの外の写真がこちらです。

 

 

iPhoneImage.png
(青い建物がバスターミナル)

 

道路は水没し、深いところでは膝下くらいまでの水深があります。


結局昨日は為す術がなく、24時間営業しているバスターミナル内で寝ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今朝の状況ですが、雨自体は昨日の着いたときから降っていないものの、事態は好転しておりません。

 

 

iPhoneImage.png

 

 

歩道は車道よりも一段高い位置にあるにもかかわらず、境界線が分からない有様です。

 

 

 

iPhoneImage.png

 

 

排水する機械を動かしたり、土による埋め立てなどを行っておりますが、市内は移動すら困難です。

 

よって、引き返そうと思いましたが、なんと現在はチクラヨを通る全てのバスが運行を停止しています。

 

リマはおろかトルヒーヨ行きのバスすらありませんでした。(街中のバス会社に聞きました)

 

乗り合いタクシーのみが割高な値段(言い値50ソル)でトルヒーヨへ向かう模様です。

 

さらに、トルヒーヨとリマの間のバスも走っていないという情報も聞きました。


いつ道が通れるようになるか、バスが動くようになるかは全くの未定だそうです。

 

特に、ペルーとエクアドルを移動する際に経由するピウラという街が、未曾有の災害で壊滅的な危機だそうです。

 

以上のことから、ペルー北部を陸路で旅する予定の方は、現在全く通ることができません。


現在のペルー〜エクアドル間の移動は空路のみと考えていいと思います。

 

 

 

 ま と め 

 

 

・ 3月16日朝現在、リマ 〜 トルヒーヨ 〜 チクラヨ間は全てのバスが運行を停止。

  (カハマルカ・ワラスも同様の可能性あり)

 

・ ペルー 〜 エクアドルを移動する際に経由するピウラが壊滅的な被害、通ることは不可能。

 

 

 

以上、チクラヨからこっけ〜がお送りしました。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・はぁ、なんでこんなことに。
 

 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
励ましの一票をお願いします。


 

 


【もろ時事】戦後の歴史を創った一人、フィデロ・カストロ氏が逝去。キューバ旅はどうなる?


「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
上のバナーを押して応援してくれると、ブログ更新ガンバれるなの!


 

 


モロくんなの!


こっけ〜:「モロのかいぬし、こっけ〜ですー。今日は時事ネタ、訃報を取り上げるよ」

 

 

というわけで本日は、おふざけ控えめなの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フィデル・カストロ氏ってどんな人? 

 

 

こっけ〜:「現地時間で11月25日、フィデル・カストロ氏が90歳でお亡くなりになられました」

 

 

 

 

どんなお方なの?

 

 

こっけ〜:「新米政権を倒したキューバ革命の中心人物で、社会主義国家としてのキューバを創った人物だね」

 

 

 

 

 

まるで、社会の教科書の文章みたいなの。

 

 

こっけ〜:「そうだね。まさに彼の人生は、戦後の世界史に大きな影響を及ぼしたんだよ」

 

 

 

 

 

 キューバの国際関係 

 

 

こっけ〜:「キューバは、アメリカとはずっと仲が悪かった。特に、キューバ危機では核戦争の一歩手前の状態になったんだ」

 

 

ひどい戦争にならなくてよかったなの。

 

 

こっけ〜:「そんなわけでずっと経済制裁は続いていたんだけど、」

 

 

 

こっけ〜:「昨年、国交断絶以来初めてオバマ大統領とラウロ・カストロ議長(弟)が首脳会談を行ったんだ」

 

 

歴史的瞬間なの!

 

 

こっけ〜:「日本とキューバの関係はわりと良好で、しかもたった2ヶ月前の今年の9月には、」

 

 

 

 

こっけ〜:「日本の総理大臣として初めて、安倍首相がキューバを訪問したんだ」

 

 

仲良くするのはいいことなの!

 

 

こっけ〜:「そんな矢先の逝去・・・・・・、果たしてこれからキューバがどうなるかを予想するよ」

 

 

 

 

 

 

 

 これからキューバはどうなる? 

 

 

こっけ〜:「キューバはバックパッカーの旅先としても人気の場所で、ボクも来年行くつもりなんだ」

 

 

 

 

とっても古そうなクルマなの!

 

 

こっけ〜:「そう、キューバは社会主義国家であり経済制裁を受け続けていたため、1960年代の暮らしを続けているんだよ」

 

 

まるでタイムスリップするみたいなの!

 

 

こっけ〜:「けど、アメリカと国交正常化が進んで、今以上に海外資本が入れば、キューバも近代化する・・・と思われた」

 

 

違うなの?

 

 

 

 

こっけ〜:「しかし、アメリカで排外主義傾向にあるトランプが大統領になるから、また方針転換するかもしれないんだ」

 

 

旅はしづらくなっちゃうなの?

 

 

「それに加えて今回の逝去で、キューバの政治や経済が混乱する恐れはある。

 とはいえ、国家元首の座は数年前に弟に譲ってあるから、後継者争いにはならないと思うよ」

 

 

 

 

安心して空からキューバのことを見守っていてほしいなの!

 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
ポチっと押してくれたら嬉しいなの♪


 

 

こっけ〜:「今年はEU離脱にトランプ大統領誕生、タイの国王にカストロ氏が逝去とすごい年だなー」

 

 

 

世界が平和でありますようになの。

 

 


バックパッカー安全対策マニュアル 〜コロンビアの日本人殺害事件から学ぶ〜


「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
上のバナーを押して応援してくれると、ブログ更新ガンバれるなの!


 

 


モロくんなの!


こっけ〜:「モロのかいぬし、こっけ〜ですー。今回は、海外で起きた悲しい事件について書くよ」

 

 

いつもはおちゃらけてる『もろたび。』だけど、今日はまじめにいくなの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こっけ〜:「11月19日、コロンビアで20代の日本人男性が撃たれて死亡するという事件があったんだ」

 

 

コロンビアで日本人殺害 強盗被害で撃たれたか」(NHKニュース)

 

 

とっても悲しい事件なの・・・・・・。ところで、コロンビアって、どんな国なの?

 

 

 

 

こっけ〜:「南アメリカ大陸の北西にある国だね。コーヒー豆の産地として有名な国だ」

 

 

治安の方はどうなの・・・?

 

 

 

 

こっけ〜:「お世辞にもいいとは言えないね。だけど、今回事件が起きたメデジンはレベル1なんだ」

 

 

先日イランの記事で書いたように、東南アジアやウユニ塩湖と同じレベルなの!

 

 

こっけ〜:「観光名所もわりとあって、日本人宿もあることから、それなりにバックパッカーが訪れる街なんだよ」

 

 

じゃあ、一体どうして事件が起きてしまったなの・・・?

 

 

こっけ〜:「それでは、どうすれば事件を防げたか考えてみよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 「危ない地域へ行くな」は誤り? 

 

 

こっけ〜:「『危ない地域へ行くな』というのはよく言われるけど、これは誤りだと思うんだ」

 

 

どうしてなの? 危ないところへは行かないほうがいいに決まっているなの。

 

 

こっけ〜:「そうだね。だけど、その"危ない地域"というのがどこか、っていう話なんだよ」

 

 

それは・・・さっきの外務省の渡航情報で危険とされているところではないなの?

 

 

 

 

「それは正解でもあるし、間違いでもある。例えば、レベル4になっているシリアやイラクへは絶対に行くべきではない。

 けど、去年テロがあったフランスのパリや、ベルギーのブリュッセルは、レベル0で安全とされていたんだよ」

 

 

確かにそうだけど、それを聞いたら怖くてどこにも旅へ行けなくなっちゃうなの・・・・・・。

 

 

こっけ〜:「だけど、治安がすごくいい日本でさえ、毎日何かしら事件は起きているんだ。安全に絶対なんてないんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 事件に遭う確率を下げるために 

 

 

こっけ〜:「100%がないと認識した上で、その確率を少しでも下げていく努力が求められる」

 

 

どんなことをすればいいなの?

 

 

こっけ〜:「では、どうすれば事件に遭いにくくなるかの方法を挙げていこう」

 

 

 ・ 人通りの少ない所を歩かない

 

 ・ 遅い時間に出歩かない

 

 ・ 複数人数で行動する

 

 

これは、ある意味当たり前のことなの。

 

 

こっけ〜:「その通り。単純だけど、最も効果的なことだ。当たり前を守るだけで、事件に遭う確率はぐっと減らせるよ」

 

 

 

 

 

 

 

 それでも事件に遭ってしまったら? 

 

 

こっけ〜:「だけど、それでも運悪く強盗被害に遭ってしまうこともあるかもしれない。こんな時にいちばん大事なものは?」

 

 

もちろん、命なの!

 

 

こっけ〜:「そうだね。実は、今回のコロンビアの事件では、持ち物を盗んだ犯人を追いかけたところを撃たれたらしい」

 

 

持ち物を盗られたのは悔しいけど、危ないことはしちゃダメなの!

 

 

こっけ〜:「もし万が一強盗に遭ってしまっても、決して抵抗はしないこと。素直に金品でも差し出そう」

 

 

命あっての物種なの!

 

 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
ポチっと押してくれたら嬉しいなの♪



【もろ時事】ずばり、トランプ大統領は旅人にとって得か? 損か?


「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
上のバナーを押して応援してくれると、ブログ更新ガンバれるなの!


 

 


モロくんなの!


こっけ〜:「モロのかいぬし、こっけ〜ですー。いやー、まさかの展開だねー」

 

 

アメリカの大統領選挙で、ドナルド・トランプさんが勝利したなの!

 

 

こっけ〜:「というわけで、イギリスがEUを脱退した時のように、旅人にどんな影響があるかに絞って見ていくよ!」

 

 

世界一周講座っぽいなの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドナルド・トランプとはどういう人か? 

 

 

こっけ〜:「まず最初に、ドナルド・トランプがどういう人かについて説明しよう」

 

 

 

 

髪型がおもしろいおじいさんなの!

 

 

こっけ〜:「いや、確かにそうだけども。えー、トランプ氏は不動産で成功した大富豪だ」

 

 

大貧民の人から強いカードを2枚もらえそうな名前なの。

 

 

こっけ〜:「そして、泡沫候補から共和党の大統領候補者になり、ついには民主党のヒラリーを破って大統領にまでなってしまった」

 

 

どうして負けそうな状態から勝ち上がれたなの?

 

 

こっけ〜:「いい質問だね。それは、トランプ氏はアメリカの国益を極端に追求しているところにある」

 

 

自分の国のことを考えるのは、当然のことじゃないなの?

 

 

こっけ〜:「もちろんそうさ、日本も見習うべきところはあると思う。だが、トランプ氏の場合はそれが過激なんだ」

 

 

 ・ 「メキシコ人は性犯罪者だ」「国境に壁を造らせる」と発言

 

 ・ イスラム教徒を完全に入国禁止にする

 

 ・ 米軍が日本を守ることに否定的、日本に負担の増加を迫る

 


 

こっけ〜:「言ってしまえば、『自国民さえよければそれでよし! 他は知らない!』といった感じなんだ」

 

 

いろんな国が困っちゃいそうなの!

 

 

こっけ〜:「この記事では、ナショナリズムの是非はおいといて、旅人に関することについて考えてみよう」

 

 

 

 

 

 

 ずばり、トランプ大統領は旅人にとって得か? 損か? 

 

 

こっけ〜:「それでは、ここからは旅人にとって気になる、今回の大統領選が及ぼす影響について考えてみよう」

 

 

年末に出発を控えているモロくんにとっては、特になることを祈るのみなの。

 

 

こっけ〜:「ずばり、トランプ氏が大統領になることは、旅人にとって―――」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「8:2で得!」

 

 

 

8:2って、全然"ずばり"言っていないなの!

 

 

こっけ〜:「まぁまぁ。それでは、今回はその理由を2つの観点から解説していくよ」

 

 

 

 

 

 

 

 ポイント1:円高が進む 

 

 

こっけ〜:「この選挙の結果を受けて、アメリカを中心に世界経済は混乱すると予想される」

 

 

すると、どうして円高になるなの?

 

 

こっけ〜:「詳しくは知らないけど、こういう時に比較的安定している日本円は買われる傾向にあるんだって」

 

 

肝心なところがずさんなの。

 

 

こっけ〜:「一介の旅人にとって大事なのは、過程じゃなくて結果だからね。ま、ともかく円高になるんだ」

 

 

円高ってことは、お得ということなの?

 

 

こっけ〜:「そうだね。EU離脱回でやったように、日本で貯めたお金で旅する人にとっては、使える外貨が増えることになるね」

 

 

詳しくは「ずばり得? 損? イギリスのEU離脱が旅人に及ぼす影響なの!」を参照なの!

 

 

こっけ〜:「ただし、株価や貿易収支などは悪い影響もあるから、日本経済にとってはマイナスになるかもしれないな」

 

 

再就職がより大変になるかもしれないなの!

 

 

 

 

 

 

 

 ポイント2:国際関係の変化 

 

 

こっけ〜:「さっき載せたトランプ氏の発言は票を獲得するための過激発言だと思うけど、本当にそうなる可能性も孕んでいる」

 

 

例えばどうなるなの・・・?

 

 

こっけ〜:「例えば、アメリカとメキシコの国境越えが厳格化することが考えられる。さすがに封鎖まではいかないと思うけど」

 

 

陸路移動は楽しいのに、できなくなったらつまらないなの!

 

 

こっけ〜:「次に、イスラム教の問題だ。今でさえイランなどの7ヶ国に入った人は、アメリカにビザなし入国ができなくなっている」

 

 

かいぬしさんも去年イランへ行ったから、現在アメリカへ入れてもらえないなの。

 

 

こっけ〜:「もしも、イスラム教の国全体が対象となれば、旅人に人気のモロッコやエジプトに入りづらくなるね」

 

 

太平洋の端っこにある日本によって、アメリカの経由便すら使えなくなるのはデメリットなの!

 

 

こっけ〜:「イスラム教に限らず、反米のベネズエラやキューバ、最近仲が危な気な中国やフィリピンも同様のことが考えられるね」

 

 

自由に旅できなくなるのは悲しいなの・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

これだけ見ていると、デメリットが多い気がするけど、本当に8:2で得なの?

 

 

「実際、デメリットで挙げたものはあくまでも"可能性がある"ものばかりだからね。

 それよりも、目に見えて表れる円高のメリットの方が重要だと思ったんだ」

 

 

逆を言えば、デメリットに挙げたものが実現してしまったら、損の方が大きくなっちゃうなの!

 

 

こっけ〜:「その通り! だから旅人たるもの、旅前も旅中も、国際情勢には常に気を配らないといけないねー」

 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
ポチっと押してくれたら嬉しいなの♪


 

 

こっけ〜:「一方、負けてしまったヒラリーさん」

 

 

 

 

すごい写真なの・・・・・・。

 

 

こっけ〜:「まぁ、彼女が当選したところで日本やアメリカが安泰だったかと言うと、そうでもなさそうだしな」

 

 

どちらかを選ばないといけないなんて、とってもハードな大統領選挙なの。

 

 

こっけ〜:「今回は政治論は省いたけど、ボクは政治が大好きなので、もし語り合いたい人がいたらお話しましょう!」

 

 



らんきんぐ

モロくんなの!
「もろたび。」を応援してなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(ポチっと押してほしいなの。)

ついったー

こめんと

  • 【コパカバーナ】富士山より高いところにある湖は、お魚天国なの!
    モロくん
  • 【コパカバーナ】富士山より高いところにある湖は、お魚天国なの!
    ここんとうざい
  • 【エル・アルト】泥棒市で、本当に泥棒に遭ったなの!
    モロくん
  • 【エル・アルト】泥棒市で、本当に泥棒に遭ったなの!
    passoa
  • 【夜のウユニ】絶景! 星空を反射する鏡張りなの!
    モロくん
  • 【ペルー北部】被災地より現在の状況。街が謎の水没、復旧時期は未定。
    take
  • 【ペルー北部】被災地より現在の状況。街が謎の水没、復旧時期は未定。
    こっけ〜
  • 【夜のウユニ】絶景! 星空を反射する鏡張りなの!
    ここんとうざい
  • 【ペルー北部】被災地より現在の状況。街が謎の水没、復旧時期は未定。
    take
  • 【幻想的風景】ウユニ塩湖の"水中"に、GoProを突っ込んでみたなの!【動画あり】
    モロくん

モロくんのにっき

かてごりー



もろたび。けんさく

かれんだー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

あーかいぶ

とらっくばっく

ぷろふぃーる

そのほか

ケータイ

qrcode

おせわ

無料ブログ作成サービス JUGEM