【サリモゴル】7000mの山は想像以上なの!


モロくんなの!

世界一周81日目は、ついにキルギスから次の国へ移動なの!


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、ウズベキスタンにいます。
_10月14日からトルクメニスタンを、その後はコーカサス、イランを周る予定です。
_一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




今日はいよいよ次の国へ向けて出発の日なの!

宿で朝ごはんを食べたら、一緒にジープをチャーターした人とともに



ジープに乗り込んだなの。さりげなく助手席ゲットに成功したなの!

フランス人:「ずいぶんたくさん水を持ってくのね」

ドイツ人:「あぁ、彼女のと合わせて14リットルあるよ」

フランス人:「私5リットルしかないわ。足りないかな」

ドイツ人:「それだけで足りるかい?」


そんな会話を聞きながら、かいぬしさんは1.5リットルしか持っていなかったなの。







水不足なかいぬしさんをよそに、今日も車はすいすい進むなの。



オシュから南に走り続けていくと、



雪をかぶった高い山々が見えてきたなの!



そして、キルギス国境近くの街、サリタシュでお昼ごはん休憩になったなの!

実は、今朝からお腹の調子があまりよくなかったなの。

だからお腹に優しい物を頼もうと思って、スープを注文したなの。そしたら、



油がいっぱい浮いているショルパが来たなの。お腹に厳しそうなの。

かいぬし:「それでも出されたものは全て食べるけどね!」







そして、今日はこのまま国境を超えず、サリタシュから西へ向かったなの。



サリモゴル村にあるゲストハウスに到着したなの。

体調を整えるために少し仮眠をとったあと、散歩に出かけることにしたなの。

この小さな村は、



とっても素朴な家が並ぶ、静かな村なの。



アヒルさんやロバさんが、その辺を歩いているなの。

けれど、村の南側に目を向けると、



とっても高い山が見えるなの! そっちへ向かって歩いて行くことにしたなの。







しかし、この村を歩いて進んでいくのは、とても困難だったなの。

なぜかというと、


(本日の『とモロだち』・その1)

子どもたちが笑顔で「ハロー!」と声をかけてくれるからなの!



写真を撮っていい? と聞くと、たいていOKしてくれるなの。


(本日の『とモロだち』・その2)

ただ、残念なことにさっきまでは笑顔なのに、カメラを向けると硬い表情になってしまう子が多いなの。


(本日の『とモロだち』・その3)

でも、この真ん中のお兄ちゃんはカメラを向けても笑顔を絶やさないし、


(本日の『とモロだち』・その4)

周りの子たちを楽しませてくれたなの!

カメラの使い方を教えたら、かいぬしさんの写真をいっぱい撮ってくれたなの。







そうやって子どもたちと交流しながら、1時間ほど歩いて村の一番南についたなの。



遥か彼方に、とっても高い山脈が見えるなの!

その中でも一番高いのが、



標高7134mの山、ピークレーニンなの!

圧倒的な自然の光景に、しばらくその場に座ってじっと眺め続けていたなの。

こんなに高い山を見ると、自然の偉大さとか、ホワイトタイガーのちっぽけさとか、いろいろ考えさせられるなの。

時間が許す限り、いつまでも見ていられる―――

かいぬし:「お腹痛い! トイレ!」

―――と思ったけど、腹痛には勝てず、宿に戻ることにしたなの・・・・・・。







夕ご飯は宿でいただいたなの。

けど、写真を撮ることを忘れていたくらい、お腹の具合が悪くなってきたなの・・・・・・。

と、そこにモロくんたちとは別の車で来ていたドイツ人女性がいたなの。

腹痛、ドイツといえば、モンゴルでのできごとを思い出したなの!

そこでその方にお願いして、お薬をいただいたなの。

明日は人生で最も高いところへ行くことになるから、早く治ってほしいなの。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!




【オシュ】市場でぼられて驚きの被害総額なの!


モロくんなの!

世界一周80日目も、キルギスのオシュにいるなの。




【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、ウズベキスタンにいます。
_10月14日からトルクメニスタンを、その後はコーカサス、イランを周る予定です。
_一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




オシュの次はタジキスタンへ行く予定なのだけど、公共交通機関がないなの。

だからジープをチャーターしないといけなくて、一人だととっても高くなってしまうなの。

そして、ようやく一緒にいくメンバーが見つかったので、明日出発できることになったなの!

そんなわけで最後のオシュの記事は、市場について書くなの!



オシュ日記・市場編



オシュの市場は、一つの敷地にあるのではなくて、街の区画全てがお店になっている感じなの。



ナンが売られている所や、





野菜や果物コーナー、





お肉屋さんに、





服が売られているところと、同じお店同士が集まっているなの。







ぶらぶら歩いていたら、不思議な場所を見つけたなの。



市場の中に突然、ビリヤード場が現れたなの。わりと賑わっていたなの。

台の上をよく見ると、白い玉しかなかったなの。見分けるのが大変そうなの。

不思議なものも売られていたなの。



金属の棒が模様になっていて、持ち手がある道具が並んでいたなの。

何に使うものかしばらく考えていたら、

かいぬし:「そうか! ナンに模様をつける道具だ!」

ナンに使うものだったなの!

お店の人が勧めてきたけど、一生ナンを焼くことはなさそうだから遠慮しておいたなの。

他にも、小麦粉や豆類を売るところで、



土の塊のようなものを見つけたなの。

そもそも食べ物かどうかもわからないので、お店の人に尋ねてみたら、試食を勧められたなの。

もらったものは全ていただく主義なので、口の中に放り込んでみたら―――















かいぬし:「まっっっっっっっっず!!!!」

叫んでしまうくらい不味かったなの!

かいぬし:「THE 土って感じの味で、口の中にジャリジャリしたものが残って最悪!」

キルギスの人はこれをどうやって調理するのか謎なの・・・・・・。







もちろん市場には美味しいものもあるなの。

口の中が土の味でいっぱいなかいぬしさんは、



カクテルを飲んだなの。

といってもお酒ではなくて、バニラシェイクのような甘い味なの。

飲み物といえば、



クバスという炭酸飲料も安く売られているなの。


(本日の『とモロだち』・その1)

クバス屋さんのおじちゃんと写真を撮ったなの!







そして、事件は起こったなの。

果物市場を歩いていた時、



器の中に小さな果物がいっぱい入って売られていたなの。

何の果物かと思って見ていたら、おばちゃんが一つくれたなの。

かいぬし:「これは・・・・・・イチジクだ!」

美味しかったので買おうかと思って、値段を聞いたら一つ1ソムだったなの。



5つ買うために5ソム渡したけど、おばちゃんはイチジクをくれないなの。

イチジクおばちゃん:「一つ10ソムだよ」

隣の人が袋いっぱいに買っているから、絶対にそんな価格のわけないなの。

けれど返金もしてくれなくて、仕方ないから諦めることにしたなの・・・・・・。

かいぬし:「商品を受け取る前にお金を渡してはいけないってことだね」

酷い目に遭ったなの。ところで騙し取られた5ソムって、日本円でいくらなの?

かいぬし:「1ソムが2円だから、10円だね」

驚きの被害総額の安さなの!







さて、明日からはいよいよタジキスタンへ向けて出発なの!

山の中へ入るから、寒さ対策にズボンの下に履けるスウェットを買ったなの。さらに、



山は食べ物が高いから、安いナンを食べて過ごせるように、キルギス名物のはちみつを買ったなの!



本日のとモロだち・その2



ゲストハウス近くで見かけた通りすがりのおじさんたちが、撮ってくれと言ってきたなの。



本日のとモロだち・その3



夕飯を食べに行ったら、やっぱり撮ってくれと言われたなの。

オシュには撮ってもらいたがりの人が多いなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!




【オシュ】モスクで礼拝したら、ムスリム割引なの!?


モロくんなの!

世界一周79日目は、キルギスのオシュにいるなの。


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、ウズベキスタンにいます。
_10月14日からトルクメニスタンを、その後はコーカサス、イランを周る予定です。
_一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




昨日はオシュにあるキルギス唯一の世界遺産、聖山スライマン=トーについて書いたなの。

今日のテーマはずばり、モスクなの!



オシュ日記・モスク編

かいぬし「なに、モスクだと!? なぜそれを早く言わん! ボクの出番じゃないか!!」

相変わらずかいぬしさんは、宗教施設の事になるとエクスクラメーションマーク率が上がるなの。

さて、キルギス第二の街・オシュは、こころなしかビシュケクよりムスリムファッションをしている人が多い気がするなの。

かいぬし:「南の方にある分、キリスト教の国のロシアから離れるし、メッカに近づくからかな?」

モロくんが泊まっている宿から歩いて5分のところにも、



アリ・ブハリ・モスクという立派なモスクがあるなの。

かいぬし:「モスクに行った時、あと数分で集団礼拝の時間だったから、」



かいぬし:「多くの人が待機していたよ」

そのまま集団礼拝に参加したなの!

そしたら、ゲストハウスのスタッフさんも参加していて

スタッフ:「なぜ礼拝に参加したんだい?」

かいぬし:「イスラームに興味があるからさ!」

スタッフ:「お前はいいやつだ! よし、宿の料金を値下げしてあげよう」


なんと、ムスリム割引になったなの!







バザールを突っ切った先、スライマン=トーの北側にも



とっても高いミナレットがあるモスクがあるなの。

その名もムハンマド・ユースフ・バイハジュオグル・モスクなの。長いなの。



集団礼拝が終わったばかりだったので、がらんとしていたなの。







かいぬし:「そして、この街最大のモスクがこちらっ!」

テンション急上昇なの。

かいぬし:「聖山スライマン=トーのふもとに建つ、スライマン=トー・モスク!」



そのままの名前なの!

「なぜか2階にあるメインのドーム部分は鍵が閉まって入れなかったのだけど、」



「1階のところだけでもとっても広かった!」

何百人も入りそうなの!



「あまりにもかっこよかったから、次の日も行ってしまったぜ」



オシュは見どころが少ないから、毎日同じ所になってしまうなの・・・・・・



本日の『とモロだち』



ゲストハウスの前で遊んでいた子どもたちなの!

モロくん争奪戦になってしまって、ちょっとばかし大変だったなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!




【オシュ】キルギス唯一の世界遺産はお手頃価格なの!


モロくんなの!

世界一周78日目は、キルギス第二の街・オシュにいるなの!




【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、ウズベキスタンにいます。
_10月14日からトルクメニスタンを、その後はコーカサス、イランを周る予定です。
_一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




ゲストハウスでのんびり起きたら



朝ごはんサービスがあったなの!

はちみつをつけたナンは、とっても美味しいなの!



さて、このオシュという街には数日いたんだけど、毎日似た場所に行っていたなの。

だから、オシュの記事は一日ごとの日記じゃなくて、テーマ別に書いて見るなの!

今日のテーマはずばり『オシュ日記・世界遺産編』なの!







オシュ日記・世界遺産編

かいぬし:「オシュを語る上で欠かせないのが、キルギス唯一の世界遺産だ。その名も」



聖山スライマン=トー!!



聖なる山だなんて、とってもかっこいいなの!

かいぬし:「ちなみに名前を聞いてどんなイメージ?」

白銀の雪を被ってそびえ立つ、誰も寄せ付けない霊峰って感じなの。

かいぬし:「ぶっぶー、大外れ!」





「この山です」

思っていたよりすっごく小さいなの!

「頂上までは歩いて20分、今は夏の終わりかけなので雪は微塵もありません」

高さは残念だけど、フォルムは少しかっこいいなの。

「そして、モロのイメージは誰も寄せ付けないと霊峰と言ったけれど」



「そこの入り口から入れるよ。入山料は20ソム(40円)」

お手軽価格なの!

「しかも、初めてスライマン=トーに何も知らないまま行ったら、山の裏側に来ちゃって」



かいぬし:「裏側からは無料でした。横の募金箱にモンゴルトゥグルグは入れといたけど」

頂上まで歩いて20分とは言っても、やっぱり街に比べると小高いから、



上からの景色は、



なかなかいい感じなの!



パノラマで見るとこんな感じなの!







けど、どうしてこの自然も生き物も少ない山が世界遺産になったか、分からないなの。

「ああ、この山は自然遺産で登録されたんじゃなくて、文化遺産なんだよ」



「山の上にはバーブルの家と言うのがあって、これは預言者さんがなんやかんやしたスポットらしい」

肝心なところが曖昧なの。



「昔は土着信仰、そして今はイスラム教の信仰の場として、地元の人が訪れているんだよ」



「あと、この黒い岩の上を滑り台すると、背中や腰が良くなるんだって」

モロくんもこれで腰の張りが治った気がするなの!







山肌の一角には



文化史博物館があるなの。

50ソムと書いてあったので払おうとしたら、外国人は150ソムだと言われたなの。

ならいいですって引き返したら、50でもいいから入りなさいと言われたなの。



この博物館は、洞窟の中に造られているなの。15分もあれば全て見て回れる規模なの。



ここらで発掘された土器などが展示されているけど、字が読めないからよくわからなかったなの・・・・・・。

山の東側にはもう一つ、



大シルクロード博物館というのがあるなの。

ここも外国人は150ソムで、今度は安くしてもらえなかったなの。



さっきの文化史博物館よりは広くて、



たくさんの展示があるけれど、



やっぱり読めないからいまいちわからなかったなの・・・・・・。

かいぬし:「でも、興味深い写真を見つけたよ」



「2010年の写真なんだけど、オシュで民族紛争があった時の写真だね」

つい最近の事件なの!



「この街はキルギスなのに、人口の半分はウズベク人らしい。キルギス人は少数派なんだって。
_中央アジアはソ連時代に民族と国境線をぐちゃぐちゃにされちゃったから、火種が燻ってるんだろうね」


世界が平和でありますように、なの。



本日の『とモロだち』



スライマン・トーの上であった、自転車で旅をしている人たちなの!
(この山には徒歩で登ってきていたなの。)

モロくんを持っている彼は、モロくんの声が聞こえるらしく耳をそばだてていたなの。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!




【ビシュケク→オシュ】空路で40分の道を陸路で12時間かけたなの!


モロくんなの!

世界一周77日目は、ビシュケクから次の街へ移動するなの!




【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、ウズベキスタンにいます。
_10月14日からトルクメニスタンを、その後はコーカサス、イランを周る予定です。
_一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




今日は一日かけてキルギス第二の街・オシュへ移動するなの!

しかし、首都から第二の街へ行くのに、電車はおろかバスすら一切走っていないなの。

ではどうやって行くかというと



乗用車、つまりはタクシーなの。

かいぬし:「いわば東京−大阪間の移動がタクシーだなんて信じられない!(悪い意味で)」

けっこうかなり粘ったけれど、1100スムより下がらなかったなの。

かいぬし:「一日タクシーに乗って2200円だなんて信じられない!(いい意味で)」

代わりに景色のいい助手席をゲットしたなの!

乗り合いタクシーなので後部座席にも3人乗せたら、8時過ぎに出発したなの!







ビシュケクを出た車は



綺麗で真っ直ぐな道をすいすい進むなの。

運転手のおじちゃんは言葉が通じないのに大声でいろいろまくし立ててくるけど、悪い人ではなさそうなの。



料金所のようなところでお金を払ったなの。高速道路かと思ったら





向こうからお馬さんたちが歩いてくるような道だったから、ただの有料道路だったなの。

というか、料金所の前の時点で既に時速100kmを越える高速だったなの。





お馬さんだけじゃなくて羊さんたちもやってきたり、





写真では明るいけど実際はものすごく暗くて不気味なトンネルを通ったり、





モニュメント的なものを通り過ぎたりしているうちに、





標高はどんどん上がってきて、雪が増えてきたなの。





お昼すぎに、峠のお店で食事休憩になったなの。





ナンと一緒にはちみつとバターが出されたけれど、これがとっても美味しかったなの!





さらにグルシュまで食べたなの。

山の上価格で少し高かったけど、山の上効果でよりおいしく感じられたなの!







ご飯を食べた後は峠を越えたのか下り道になって



綺麗な湖や





ゆったり流れる川が見えるようになってきたなの。





傾いた日の中を車は猛スピードで駆け抜けて





日が暮れてもそれでも走り続けて、





出発から途中休憩などを含んで約12時間、オシュに着いたなの!

地図を見せてお願いしたら、ゲストハウスまで歩いてすぐのところまで送ってくれたなの。

一日フルに使った大移動、無事に終了なの!







かいぬし:「今回は12時間で着いたけど、場合によってはもっと時間がかかるらしい」

一番大きい街と二番目に大きな街なんだから、定期運行の大型バス、それこそ夜行バスとかできてほしいなの。

かいぬし:「あの峠を越えるのがバスだと難しいんだって。ま、飛行機ならあるんだけどね」

『もろたび。』はブルジョワな旅とは無縁なの。

かいぬし:「それがビシュケク−オシュの航空券はたったの20数ドル、お得なんです!」

20数ドル・・・って今回の乗り合いタクシー代と全然変わらないなの!!

かいぬし:「しかもこの長距離移動を、たった40分で済ませることができちゃうんだ」

だったら何でそっちにしなかったなの!?

かいぬし:「飛行機に乗るのが好きじゃないから」

旅人の素質なしなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!





らんきんぐ

モロくんなの!
「もろたび。」を応援してなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
(ポチっと押してほしいなの。)

ついったー

こめんと

  • 【アイスランド】圧倒的絶景! 滝に氷河に洞窟温泉なの!
    こっけ〜
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    こっけ〜
  • 【アイスランド】圧倒的絶景! 滝に氷河に洞窟温泉なの!
    なお
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    森 きより
  • 【イギリス】まずい料理 VS 貧乏舌のかいぬし! 逆ほこ×たて対決なの!
    モロくん
  • 【イギリス】まずい料理 VS 貧乏舌のかいぬし! 逆ほこ×たて対決なの!
    ここんとうざい
  • 【モロッコ】分け入っても分け入っても青い壁とネコちゃんたちなの!
    モロくん
  • 【メキシコ東部】先住民族にピラミッドにダイビング! 毎日盛りだくさんなの!
    モロくん
  • 【キューバ】ネットもねぇ! 便座もねぇ! だけどハッピーな国なの!
    モロくん
  • 【モロッコ】分け入っても分け入っても青い壁とネコちゃんたちなの!
    広瀬萌絵

モロくんのにっき

かてごりー



もろたび。けんさく

かれんだー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

あーかいぶ

とらっくばっく

ぷろふぃーる

そのほか

ケータイ

qrcode

おせわ

無料ブログ作成サービス JUGEM