【かいぬし手記】中国に持ち物を没収された話


モロくんなの。

世界一周57日目は、国際列車に乗って中国・ウルムチからカザフスタン・アルマティへ移動中なんだけど、そこであったことをかいぬしさんが書くなの。



【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、タジキスタンにいます。
9月下旬からウズベキスタンを、10月上旬にトルクメニスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、Wi-Fiがないところにいるので、このブログの更新は予約投稿なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




どうも、モロのかいぬしです。
中国に滞在した2週間では、一般人のモラルの低さもさることながら、警察や軍人など権力をもつ人たちの横暴な態度に閉口してきました。
そして、中国を出国する最後の最後まで頭にくることがあったので、それについて書こうと思います。



昨日の24時前に出発した列車は、砂漠の中をどんどん進んでいった。
そして、出国のために阿拉山口駅というところで停車した。
制服を着た高圧的な人が、それぞれの部屋を荷物をチェックして回ってくる。
無言でカバンを開けるようにジェスチャーしてきたので、何も悪いものを持っていないからかばんの鍵を開けてやった。
バックパックを見せると、せっかく綺麗に詰めたのに、がさがさひっくり返すように漁られてぐちゃぐちゃになる。
そして散らかした中身を整えようともしないまま、今度はリュックを指差した。

少し苛立ちながら今度はリュックの中を見せると、彼は中にあった地図帳を手にとった。
そして、ご丁寧に1ページ1ページ丹念にめくってその中を見る。
それなりの時間がたって、地図帳を指差しながら何やら中国語でまくし立てられた。
分からないジェスチャーをしていると、彼は別室にいた中国人の乗客に携帯電話を使わせて、Googleで翻訳した。
(出入国を取り扱う職業なら、基礎的な英語くらい話せるようにしておいてほしいが、それは贅沢なんだろうか。)

ケータイ画面:「あなたは違法な地図を所有して、我々は没収します」

かいぬし:「は!? どういうこと!?」

ボクが驚いた顔をしていると、すると彼はニヤニヤしながら、日本と中国が両方書いてあるページを開き、小さな島を指さした。



そこには"尖閣諸島"と書かれていた。



しまった、と気づいた時には遅かった。
ここは中華人民共和国。共産党政権が人々の自由を押さえつける国。
インターネットもかなり制限されていたように、情報統制が厳しい国だった。

入国時ならまだしも、何も出国するときにとも思って粘ってみたが、ダメなものはダメだった。
彼らは嘲笑いながら、ボクが旅のルートを決めたり、他の外国人旅行者の故郷の場所を尋ねたりするときに使っていた地図帳を持ち去った。
もちろん代替物や補償などあるわけがない。
ボクが"違法な"地図を所有していたのだから。



彼らが立ち去り、ボクはげんなりしながらぐちゃぐちゃにされた荷物を詰めなおした。
荷物チェックは一人ひとり念入りに行われるから、列車はなかなか出発しない。
またしばらくして、今度は迷彩柄の服を来た人がコンパートメントへやって来た。
そしてなんと、また荷物を開くようにジェスチャーするではないか。

かいぬし:「さっきもうやったよ!」

とアピールをすると、その人は自分の服の肩の部分にあるワッペンをボクに見せた。

"中国武警"

さっきの人とは立場が違うということだろうか。
結局ボクが詰めなおした荷物は、またもぐちゃぐちゃにされることとなった。
その様子を見ながら、ボクはいろいろと思い出す。
中国の街では――特にウルムチにおいては――この中国武警という人達が、あちらこちらで銃を構えていた。
政府施設の警備ならまだしも、ウルムチの宿のすぐ横にあった百貨店の駐車場にも戦車と一緒に立っていた。
彼らが守っているのは、本来守られるべきである国民ではない。
彼らは国民を押さえつけることで自分たちを、つまり権力側を守っているのだ。
既に地図帳を没収されたボクの荷物の中には、これ以上取り上げるものはないらしかった。
一通りチェックが終わると、何事もなかったように次の部屋へ移動していった。



列車は停車してから数時間後、ようやく動き出す。
停車している間はトイレは使えない。明け方目が覚めた時に、トイレへ行っておいてよかった。

しばらくしてパスポートが返ってきた。



入国時と同様に詰めることなく、しかも高さをずらされてパスポートの真ん中部分に押された。
わざとやっているのか、それともスペースをうまく使うという発想が存在しないのか。
ページをめくると



カザフスタンの入国スタンプが、ページの右上に押してあった。
下の方にはモンゴルの入国と出国のスタンプが、仲良く並んで押してある。
気遣ってくれてありがとう。そこにはいない、入国審査官たちに感謝した。

ちなみにパスポートと一緒にあるのは出入国カードで、出国するときに回収されるので大切に保管しておかないといけない。
現在カザフスタンは期間限定で、日本国籍所有者に対してビザを免除している。
ただし、5日間を超える滞在だと外国人登録をしないといけないらしい。
しかし、この出入国カードにスタンプが2個押されている状態ならば最初から登録されているという情報もある。
今回はすぐにビシュケクへ抜ける予定だったので問題なかったが、長居する場合は要確認。



カザフスタン側の国境駅・ドルジバ駅では、ここから線路の幅が異なるため、台車交換を行った。



両国の幅のレールが存在する線路に車両は入り





中にいる乗客や荷物ごと、黄色い機会で持ち上げる。





そして中国側の台車を取り外し、カザフスタン側の台車を取り付ける。
ボクはあまり鉄道に詳しくはないが、なかなか日本では見られない光景なので面白かった。







カザフスタンに入り、少し草が生えた大地を車両は走っていく。
中国はもう過ぎ去った。楽しみにしていた中央アジアの旅は、もう始まっている。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!





【ウルムチ】カザフスタン行き・国際列車情報なの!


モロくんなの!

世界一周56日目は、いよいよ中国を出国しなくてはならないなの!


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、キルギスにいます。
9月下旬からウズベキスタンを、10月上旬にトルクメニスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、世界一周ランキング24位なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




モロくんは中国にビザ無しで入国したなの。

その場合の滞在期限は15日間で、今日は中国14日目なの。

けど、飛行機じゃくて夜行に乗るから、今日中に出国しなくてはならないなの。



そんなわけで宿をチェックアウトして、ウルムチ駅のすぐ横にある亜欧酒店へ行ったなの。

ウルムチから出る国際列車は土曜日と月曜日しかないけど、今日がちょうど土曜日だったなの!



返ってきたデポジットを足して、なんとか切符を買うことができたなの。



ウルムチ駅発 カザフスタン行き国際列車情報
(2015年8月現在)
 
販売場所 :ウルムチ駅に向かって右、亜欧酒店の1階(駅の前で荷物検査があります)
営業日 :月曜・水曜・木曜・土曜
営業時間
 
:10:00〜13:00、15:30〜18:00
(と言いつつ、切符を売る人は10時20分くらいに来ました)

アルマティ行き
出発:土曜日 23時41分発(出国は翌日になるので、ビザの期限に注意)
価格:大人804元、子ども489元

アルマティ経由 アスタナ行き
出発:月曜日 23時41分発
価格:アルマティ 大人829元、子ども514元
アスタナ  大人1094元、子ども688元

出発30分くらい前に改札が開いて、車両に乗れます。
駅の近くや構内に食堂、売店有り。ただし街中よりかなり高いです。
 







なんとか出国のめどが立ったので、最後のお出かけなの!

宿から歩いて少しのところに



新疆紅山干果市場というところがあったので行ってみたなの。



ドライフルーツを売っているお店が何十軒もずらっと並んでいたなの!

そんな市場に、ドライフルーツと関係ない食堂を見つけたなの。



面肺子』という食べ物らしいけど、今までに食べたことがない感じで、一体何を食べているのかよく分からなかったなの。

かいぬし:「というわけで、Google先生で今調べてみましたー」

一体どんな料理なの?

「羊の肺の中に小麦粉を詰めて茹でたものらしい。それと一緒に羊の心臓やレバーも入っているらしいよ
そうとう臭みがあるから、唐辛子やなんやかんやの香草で煮込んであるよ」


なんか説明を聞くと、すごいものを食べていたなの・・・・・・







市場からさらに歩いて、



新疆維吾爾自治区博物館へ来たなの!

ここは、ウイグルの歴史がいっぱい見られる場所で、入場無料なの!



3800年前に織られたらしい布や



一千零一夜波斯文』の本があったなの。歴史を感じるなの。

そして、この博物館の目玉は、本物のミイラが見られるところらしいなの!

楽しみにして行ってみたら、現在改装期間中で見られなかったなの・・・・・・

かいぬし:「気になるあなたは『ウルムチ ミイラ』で画像検索! なかなかびっくりする絵面だよ」

本物が見たかったなの。







見られないものは仕方がないので、気を取り直して宿の近くにある紅山公園へ行ってみたなの。

公園と言っても乗り物や釣り堀なんかもあって、少し遊園地っぽいなの。

そして、山の上に



鎮竜塔という塔が建っているなの。そして、この辺りからは



ウルムチの街が一望できるなの。けっこう都会なの!







夕方になって宿へ荷物を取りに戻り、スーパーで買物をしてから駅へ向かったなの。

列車が出るにはまだ時間があったので、中国最後のご飯を食べることにしたなの。

漢字だらけのメニュー表から、残りのお金で食べられるものを注文したら



ピーマンだらけの炒めものが出てきたなの!

かいぬし:「ぎゃー!!!! ピーマンきらいー!!!!」

子どもみたいなこと言わないなの! 好き嫌いはよくないなの!

「何を言うんだモロ。好き嫌いはよくないが、それはそもそも食べ物だという前提が成り立つ上での話だ。
あの苦味、もはや食べ物ではない。世界平和のためにも、そのうち国際条約かなんかで使用を禁止するべきだよ」


子どもみたい、じゃなくてもはや子どもなの・・・・・・

「ピーマンと注射とジェットコースターは、いくつになってもダメだねー」

なんとかピーマンを完食し、支払おうとしたらメニューに書いてあるより2元高かったなの!

どうやら、白米が2元だったらしいなの。

ぎりぎり払えたけれど、財布の中を見たら残りが5角しか残らなかったなの!
(1元=10角。5角は約10円。)

最後の2元でナンを買おうと思っていたのに、車内で食べる食料がかなり寂しくなってしまったなの・・・・・・



時間が来たので、昼とは違って列がかなり短い駅へと入ったなの。



国際列車に乗って、いよいよ中国から出国なの!







かいぬし:「しかし、この時は知る由もなかった・・・・・・。最後の最後まで、中国に傷めつけられることになるとは」



次回、地獄の中国編・最終章!



・・・・・・あれ? なの。入国の時にもそれを謳っていたけど、最初の北京以外ではそうでもなかったなの。

かいぬし:「ぶっちゃけ煽り文句のことすっかり忘れてました。てへ☆」

誇大広告は法律で禁止されているなの。


 

本日の『とモロだち』



紅山公園にいた、ウイグル族のおじいちゃんと赤ちゃんなの!

撮った写真を赤ちゃんにも見せたけど、ノーリアクションだったなの。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!



 

【ウルムチ】ウイグル感120%の一日なの!


モロくんなの!

世界一周55日目は、新疆ウイグル自治区・ウルムチにいるなの!


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、キルギスにいます。
9月上旬からタジキスタンを、下旬からウズベキスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、世界一周ランキング27位なの。最近ちょっと調子が悪いなの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




ウルムチは一応中国の一部ということになっているけど、中国の東の方の街とは全く異なるなの。

というのも、中国の9割は漢民族という人たちが住んでいるけど、この辺りには昔からウイグル族という人たちが住んでいたなの。

そんなわけで、今日はウイグル族がたくさんいるところへ出かけてみたなの!

バスに乗って20分、二道橋というところで降りると



たくさんの香辛料や



ナンが売られていたなの!



カットメロンも売られていたなの。とてもみずみずしかったなの!







そして、荷物検査があるエリアをくぐり抜けると



ウルムチ国際大バザール』があるなの!

最近建てられた感じだから、歴史があるわけではないけれど



ドライフルーツや、



魔法の絨毯、



ウイグルナイフと呼ばれる、刃物などが売られていたなの。

かいぬし:「これは伝統的なナイフで、美しい装飾が施されているんだ」



一つ何十万元もする、枯木のような岩も売られていたなの。
(一日にどれくらい売れるのか気になるなの・・・・・・)

そんな高いものは買えないし、買わないけれど



モロくんサイズのドゥタールという弦楽器は、欲しくなっちゃったなの!

結局買わなかったけれど、おじさんが弾いているのを


本日のとモロだち・その1



膝の上で聞かせてもらったなの!



国際大バザール、雰囲気たっぷりでオススメなの!







さて、バザールをぷらぷら眺めていたら、外の方が騒がしくなってきたなの。

どうやら観光客ではなくて、地元の人がモスクに集まっているらしいなの。



かいぬし:「そういえば今日は金曜日だった!」

金曜日だと何があるなの?

かいぬし:「ムスリムにとって金曜日は集団礼拝をする日なんだよ」

モスクに入りきらないくらいたくさんのムスリムの人達がやってくるなの!

近くの道路は封鎖されて、そこにマットを広げてみんな礼拝を待っているなの。

せっかくなので、モロくんたちもその中へ入れてもらったなの!

炎天下の中、屋外で待つのは大変だったけれど、一緒に集団礼拝ができて貴重な経験ができたなの!







気づいたら、お昼をだいぶ回っていたので、ウイグル人がたくさんいる食堂へ行ってみたなの。


本日のとモロだち・その2



とても気さくな店のおじさんにオススメされたので、



シルクロードで一般的な料理、プロフを食べたなの! 絶品だったなの!

宿に帰って、夕ご飯にも



ウイグルの伝統料理、拌麺をいただいたなの!

"葱爆"という具材にしたら、長ネギの量がびっくりするくらい多かったなの。

これで風邪知らずなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!



【蘭州→ウルムチ】一番高い切符で列車移動なの!


モロくんなの!

世界一周54日目は、列車に乗って中国を西へと移動中なの!



「ボクは今現在、キルギスにいます。
9月上旬からタジキスタンを、下旬からウズベキスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、世界一周ランキング25位なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




昨日の午後6時頃に、列車に乗ったなの。



中国の列車は今まで『硬座』や『硬臥』の座席や寝台に乗ってきたけど、今回は



軟臥』という一番いい寝台車両に乗ったなの!

というのも、新疆ウイグル自治区行きの列車は大人気で、この切符しか買えなかったなの。



安い方の寝台、硬臥は



廊下に直接繋がっている3段ベッドで、



高さが狭いから座ることもできなかったのに対して



軟臥は2段ベッドで、



ちゃんと座ることもできるなの!

さらにさらに4人1組の個室になっていて、



数は少ないけれど、廊下にはコンセントもあるなの!
(ただし、電気が流れていない時間もあるなの。)







列車の窓の外は



乾いた大地が広がっているなの。

かいぬし:「ここはクムタグ砂漠だね」

ところどころ



風力発電の風車もあったなの。

そんな景色を見ながら、ごはんを食べることにしたなの。

給湯器でお湯をもらって



インスタントの紅焼牛肉麺を食べたなの・・・・・・ってまた牛肉麺なの?

かいぬし:「パンとか食べるよりは名物が食べたくて。けどこれで3食連続だねー」







そして列車に乗ること22時間、ついに駅へ着いたなの。



自動改札機はあるけど、全く働いていなかったなの。

それはさておき、新疆ウイグル自治区・最大の街、



ウルムチに到着したなの!



まずは、駅前で宿を探したのだけど、中国人しか泊まれない宿ばかりだったなの。

だからバスに乗って、ブログの知り合いがオススメしてくれたユースホステルに向かってみたなの。

そしたらなんと、その方に会うことができたなの!

本日の『とモロだち』


世界一周きゃんたび | VIVA LA VIDA』の、canさんなの!

今からカザフスタンへ向かうところだったらしく、ぎりぎりのところで会うことができたなの!

canさんは国際バスで行くとのことなので、バスターミナルまでお見送りに行ったなの。

その後は駅まで歩いて行ったり、ユースホステルのすぐ近くで



香擲蠧飯』というご飯を食べたりしたなの。







かいぬし:「さて、中国ではビザ無しで15日間滞在ができるんだけどー」

どうしたなの?

かいぬし:「既に中国で12日過ごしていて、夜行で出るとなると14日目には出ないといけないんだよね」

だったら早めに切符などを買っておかないといけないなの!

「そう思ったんだけど、宿でデポジット取られたら、切符買うお金が足りなくなっちゃったー
 だから出国したい当日にチェックアウトして返金されてからじゃないと切符が買えない」


予算ギリギリで旅をするからこうなるなの!

「もし切符が売り切れだったら違法滞在になっちゃうね。わっはっは!」

笑い事じゃないなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!



【蘭州】イスラム色が強くなってきたなの!


モロくんなの!

世界一周52日目は、夜行列車に乗って次の街へやってきたなの!


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、キルギスにいます。
9月上旬からタジキスタンを、下旬からウズベキスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、世界一周ランキング27位に落ちてしまったなの・・・・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




昨日の夜、平遥駅から夜行列車に乗ったなの。



列車の中は相変わらず人が多くて、みんな散らかし放題なの。



食べ物のゴミがそこら中に落ちているから、車掌さんたちがしょっちゅう掃除をしなくてはならないなの。

それに疲れてしまったのか



仕事中なのに、開いているベッドで寝ている車掌さんもいたなの。







そんなこんなで



蘭州駅へ着いたなの! 久しぶりの都会なの!

今回は宿を予約していないから、駅前の道を移動していたら、英語が話せる中国人に会ったなの。

その人に着いて行くと



団地に案内されたなの。そこの9階に宿があったなの!



兰州大碗家青年旅舍というところで、ネコちゃんもいるお宿なの!

駅へ切符を買いに戻った後は、時間も遅くなってきたので夕飯を食べに出かけたなの。



中国でもかなり西の方に来たからか、イスラム系のお店が多いなの。



羊肉泡馍(ヤンロウパオモウ)』という料理を選んだなの!

羊の肉が入ったスープに、パンをひたして食べるなの。

いろんな香草が入っていて、まったく臭みのないお味だったなの!







次の日(53日目)も、まずは蘭州名物を食べに出かけたなの!

道に迷ってしまったので通りすがりの人に聞いてみたら、なんと日本語が少し話せる中国人だったなの!

その人に着いて行ったおかげで



馬子禄牛肉面』というお店に着いたなの!

ここのお店の看板メニューが



この兰州牛肉拉面(蘭州牛肉麺)という、細麺でピリ辛のラーメンなの!

かいぬし:「意外だけど、これも清真料理といって、ムスリム系の食べ物なんだよ」

地元でも人気店のようで、お店の中は常に混み合っていたなの!







ご飯のあとは、歩いて歩いて



大きな川へたどり着いたなの。これがあの有名な黄河なの!



中山橋という100年以上前からある鉄橋を渡ったなの。

かいぬし:「ここは黄河で初めてかかった固定式の橋らしいよ」

その先にある白塔山というところに登ると



黄河と蘭州の街が見下ろせるなの! 大きな河なの!



その後は川沿いを散歩していたら



孫悟空のご一行に会ったなの。さすがシルクロードの街なの!







黄河から少し離れたところには、



大きなモスクがあったなの。近付いてみたら、急に大きな歌声が聞こえてきたなの。

かいぬし:「これはアザーンと言って、今から礼拝を始めるという合図だね」

それを聞きつけて、ムスリムの人たちがたくさん来たなの。



中ではみなさん礼拝をしていらっしゃったなの。かいぬしさんも混ざってやってみたなの!

礼拝の後はバスに乗って



甘肅省博物館』へやって来たなの。

入場無料だと聞いていたのに入口に行ったら、警備の人からチケットが必要だと言われたなの。

仕方がないのでチケットのブースへ移動すると、タダでチケットをもらえたなの。

無駄なシステムなの!

気を取り直して、博物館の中は地球が生まれた頃から現在までの多くのものが展示されていたなの。



首長竜さんや



マンモスさんの骨格標本がいらっしゃったなの。



元気に口を動かす肉食恐竜さんもいらっしゃったなの!

宿に戻って荷物を受け取って、列車に乗る前に最後の腹ごしらえなの。



厨房へ注文したのは



二食連続で牛肉面なの! 安くて早いから助かるなの!


 

本日の『とモロだち』



黄河を見下ろす白塔山でモロくんが写真に写っていたら、一緒に写りたいと言われたなの。

モロくんは中国でも大人気なの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!





らんきんぐ

モロくんなの!
「もろたび。」を応援してなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
(ポチっと押してほしいなの。)

ついったー

こめんと

  • 【ボゴタ】ぽっちゃりさんだらけの無料美術館なの!
    モロくん
  • 【ボゴタ】ぽっちゃりさんだらけの無料美術館なの!
    SEI
  • 【ガラパゴス・ピンソン島】アシカさんと一緒にシュノーケリングなの!【動画あり】
    モロくん
  • 【ガラパゴス・ピンソン島】アシカさんと一緒にシュノーケリングなの!【動画あり】
    ここんとうざい
  • 【ガラパゴス・イサベラ島】モロくんがアシカさんに取られてしまったなの!?
    モロくん
  • 【ガラパゴス・イサベラ島】モロくんがアシカさんに取られてしまったなの!?
    とら子
  • 【コルカ渓谷】温泉! アルパカ! そして超有名宿なの!
    モロくん
  • 【コルカ渓谷】温泉! アルパカ! そして超有名宿なの!
    モロくん
  • 【コルカ渓谷】温泉! アルパカ! そして超有名宿なの!
    セイ
  • 【コルカ渓谷】温泉! アルパカ! そして超有名宿なの!
    ここんとうざい

モロくんのにっき

かてごりー



もろたび。けんさく

かれんだー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

あーかいぶ

とらっくばっく

ぷろふぃーる

そのほか

ケータイ

qrcode

おせわ

無料ブログ作成サービス JUGEM