【09.トルクメニスタン】幸せな独裁国家! 謎すぎる国で地獄を見たなの!

【09.トルクメニスタン】幸せな独裁国家! 謎すぎる国で地獄を見たなの!

 

 

ハイルリ クントルクメン語なの! モロくんなの!

こっけ~:「モロのかいぬし、こっけ~ですー。今日は未知の国、トルクメニスタン!」

旅人に大人気の、地獄の門もあるなの!

 

※ 旅のまとめ記事はこちら。

 




 

9ヶ国目・トルクメニスタン

ウズベキスタンからトルクメニスタンへやって来たなの!

「と、さらっと書いてるけど、ビザ取るのに本当に苦労したんだ・・・。
以下長いですが読まなくていいです
まず、トルクメニスタンビザは正規で取ると招待状などが必要で、べらぼうな料金がかかる。
だから5日間のみ有効の通過ビザを取るのが旅人業界では一般的なんだけど、その日付は完全指定。
しかも、トルクメの前の国と次の国のビザが必要だからそれらを先に取得した。
そして、初日は指定された書類を集めていたら大使館の申請受付時間に間に合わず、
次の日に申請できたものの、取得には1週間待たなくてはいけない。
だけど、
指定された日に行ってみると、まだできていないからさらに1週間後に取りに来いと言われ。
交渉して国境受け取りにしたんだけど確約じゃないから、当日になってビザがなかったら大問題!
なにしろ、トルクメニスタンのビザ開始日をウズベキスタンのビザの最終日にしてしまったから、
もしビザが取れなかったらウズベキスタンに違法滞在になっちゃうからねー」

と、説明するのも大変なくらい大変だったなの!

 

※ ウズベキスタンの記事はこちら。

 

 

★ タシャウズ(ダショグズ)

トルクメニスタン最初の街は、タシャウズというところだったなの!

こっけ~:「観光名所があるわけじゃないけど、宿のおばあちゃんが料理を作ってくれていい滑り出し!」

 

 

★ クフナ・ウルゲンチ

こっけ~:「次に、シルクロード時代の巨大都市、クフナ・ウルゲンチへ行ってみたよー」

クトゥルグ・ティムール・ミナレットは、700年以上前に建てられたのに、中央アジアで一番高い塔なの!

 

 

★ ダルヴァザ

砂漠の真ん中にあるダルヴァザからは、地獄の門と呼ばれる場所へ行けるなの!

「ダルヴァザ行きの乗り合いが見つからなくて諦めて、首都行きの夜行乗り合いタクシーに乗っていたら夜中トイレ休憩があったんだ。
 そしたらそれがなんとダルヴァザだったから急遽下ろしてもらって、明るい方へ2時間歩いていったら着いた!」

奇跡の連続なの!

こっけ~:「朝は歩いて道路まで戻ってきて、」

 

こっけ~:「ヒッチハイクをしたら、最初のトラックが停まってくれました」

とっても優しいなの!

 

こっけ~:「しかも、近くのWater Craterってところにもわざわざ寄ってくれた!」

 

 

★ アシガバット

こっけ~:「首都のアシガバットは社会主義期間が長かっただけあって、無機質・等間隔な感じだねー」

 

 

夜もライトアップされていてとてもキレイなの!

 

 

絨毯博物館には、世界で最大の絨毯があったなの!

 

 

こっけ~:「そして、最後は夜行列車に乗って、」

 

 

★ トルクメンバシ

こっけ~:「カスピ海沿いの町、トルクメンバシへ!」

 

 

港でアゼルバイジャンへ渡るフェリーを待ったなの!

 

 

こっけ~:「そして、その日の晩にフェリーがやってきたのですが・・・」

 

 

 

 

大事件発生!

 

というわけで、この件はそのうち別の記事で書くなの!

 

 

 

 

トルクメニスタンは超・独裁国家!?

こっけ~:「トルクメニスタンは、ニヤゾフ前大統領の独裁国家としても有名なんだ」

 

 

いろんな町のあちらこちらに、大統領のモニュメントがあったなの!

 

 

こっけ~:「大統領本人が書いたルーフナーマ(魂の書)の像もあちこちにあったよ」

 

 

自己主張が強すぎる人なの!

こっけ~:「って思うじゃん? でも、亡くなった後にも残っていることからもわかるように、実はけっこう支持率が高かったんだって」

意外なの!

こっけ~:「”独裁”という言葉には悪いイメージがあるけど、中身が伴っていれば決して悪いわけではないということだね」

 

 

 

 

もろたべ ~トルクメニスタン料理~

タシャウズのバザールでホルモン系のスープを食べたり、

 

 

アシガバットの町中で、ハンバーグみたいなものをグレーチカというそばの実と一緒に食べたなの!

こっけ~:「あとは、最後にカスピ海を渡ってる最中に、ヨーグルトを食べてみました。」

 

 

 

 

本日のとモロだち

地獄の門があったダルヴァザからヒッチハイクを乗せてくれたお兄さんなの!

 

アシガバットのバス停で会った男の子たちなの!

 

こっけ~:「大きなホテルに泊まった時は、たくさんの学生さん達がやって来て、」

 

こっけ~:「いっぱい写真を求められました。人気者の気分!」

 

バザールへ行った時は、

 

シャウルマ屋さんや、

 

服屋のおじいちゃんと一緒に写真を撮ったなの!

 

こっけ~:「駅で会った彼らはLINEを使っていたので、IDを交換しました」

その後もたまに送られてきたなの!

 

 

 

 



ポチっと押してくれたら嬉しいなの♪


 

 

アジアカテゴリの最新記事