【パミールハイウェイ】最高の絶景! 世界の屋根へ行ったなの!【ワハーン渓谷】

【パミールハイウェイ】最高の絶景! 世界の屋根へ行ったなの!【ワハーン渓谷】

 

サローンヌタジク語なの!モロくんなの!

 

こっけ~:「モロのかいぬし、こっけ~ですー。今回は中央アジアのタジキスタンにあるパミール特集!」

 

たくさん旅をした人たちの間でも、特に絶景と名高い場所なの!

 

※ タジキスタンの記事はこちら。

 

※ 旅のまとめ記事はこちら。

 




 

最高の絶景、パミール高原!

 

タジキスタンでは、パミール高原と呼ばれるエリアへ行ったなの!

 

こっけ~:「平均標高5000mを越えるエリアで、パミールとはペルシャ語で『世界の屋根』という意味なんだって」

 

そんな標高の高いところを旅して回ったなの!

 

★ カラクル

 

タジキスタンへ入って程なくして、まずはカラクル湖という湖を見たなの!

 

こっけ~:「なんか色が普段と違うよねー」

 

 

★ ムルガーブ

 

こっけ~:「ムルガーブはパミールの入り口となる村で、ここで一緒に車をチャーターするメンバーを募ったよ」

 

ドイツ人2人と、フランス人1人と一緒に旅することになったなの!

 

 

★ アリチュル

 

アリチュルの近くでは、魚を養殖しているので魚の揚げ物を食べたなの!

 

こっけ~:「中央アジアではなかなか魚を食べてなかったから久しぶりだったー」

 

 

★ ヤシルクル

 

こっけ~:「翡翠色の湖という意味のヤシルクル湖も、とっても美しかった!」

 

標高が高いと雲が近い位置になるから、湖面に影が映っているなの!

 

 

★ ランガル

 

ずっと乾いた景色だったけど、川沿いにあるランガルには緑がいっぱいだったなの!

 

 

こっけ~:「牧歌的な風景を見ることができたよー」

 

 

この日は、夕飯にヤクのお肉を食べたなの!

 

 

★ ビビファティマ

 

こっけ~:「ビビファティマは山の上にある小さな村・・・と侮ることなかれ!」

 

 

こっけ~:「なんと、温泉が湧いている村なのだ!」

 

ちょうどよい温度で、とっても気持ちよかったなの!

 

 

★ イシュコシーム

 

イシュコシームは、アフガニスタンのすぐ近くにある小さな村なの。

 

「情勢が安定してる時は、毎週国境の間でアフガンバザールという市が開かれるんだって。
 この時は外務省が出している海外安全情報が、レベル4の退避勧告が出ている時だったから駄目でした」

 

むしろ、よくそんな時に行ったなの。

 

 

 

★ ガラムチャシマ

 

こっけ~:「ガラムチャシマは山の上にある小さな村・・・と侮ることなかれ!」

 

 

こっけ~:「なんと、温泉が湧いている村なのだ!」

 

ここは湯船がとっても広くて開放的だったなの!

 

 

★ ホーローグ

 

ムルガーブから来た人にとっては、ホーローグはパミールの終点となる町なの!

 

こっけ~:「アフガニスタン領事館があるからビザを狙っていったけど、残念ながらもらえませんでした・・・」

 

 

 

 

絶景を見ながらパミールを移動

 

ムルガーブからホーローグまでは、車をチャーターして移動したなの!

 

こっけ~:「今回はコーディールというおじいちゃん運転手にお願いをしたんだけど、」

 

 

こっけ~:「車のメンテナンスやタイヤ交換もお手の物だし、」

 

 

こっけ~:「途中の検問みたいなところの手続きも全てやってくれました」

 

 

なぜかジャージには「河西」って刺繍が入っていたなの!

 

こっけ~:「昔アフガンバザールで買ったんだって。一体どういう経緯で来たのだろう」

 

 

パミールは、移動している最中にも絶景がいっぱいで、

 

 

チャーター車だから好きなところで止まって、

 

 

景色を満喫することができたなの!

 

 

こっけ~:「JICAが造った道路もあるんだって。世界中で頑張ってるなー」

 

 

夜は、お星様がとってもキレイだったなの!

 

 

 

 

本日のとモロだち

 

パミールでも、とモロだちがいっぱいできたなの!

 

カラクルでは子どもたちや、

 

お姉さんたちと一緒にお写真を撮ったなの!

 

こっけ~:「ムルガーブでは、民族帽を被った少年2人組に会ったり、」

 

こっけ~:「おじちゃんたちとは、バーニャという大衆浴場へ一緒に行ったりしたよー」

 

ランガルでは男の子たちと一緒に、馬を追っかける仕事を手伝ったなの!

 

こっけ~:「ホーローグでは道端で会った人に着いていって、おうちにお邪魔したよー」

 

そしてなんと、おばあちゃんからは大きなタペストリーをもらったなの!

 

こっけ~:「『貴方の母親に渡しなさい』って言われたから、今でも実家に飾ってあります」

 

 

そして最後は、ずっと運転してくれたコーディールおじいちゃんなの!

 

こっけ~:「言葉はほとんど通じないけど、とってもお世話になりました!」

 

 



ポチっと押してくれたら嬉しいなの♪


 

アジアカテゴリの最新記事