【36.5 仏領ポリネシア・タヒチ】美しいビーチの国は、着いていきなり歓迎ダンスなの!

【36.5 仏領ポリネシア・タヒチ】美しいビーチの国は、着いていきなり歓迎ダンスなの!

 

イアオラナタヒチ語なの! モロくんなの!

こっけ~:「モロのかいぬし、こっけ~ですー。今回はフランス領ポリネシア!」

タヒチという呼び方でおなじみなの!

 

[top-f]

 

[adv-1]

 

36.5ヶ国目:仏領ポリネシア(タヒチ)

ニュージーランドから飛行機に乗って、タヒチ島へ着いたなの!

 

※ ニュージーランドの記事はこちら。

 

こっけ~:「オーストラリアとニュージーランドへは行ったとはいえ、どちらの西欧系の文化だから、太平洋の文化を見たくて行ったんだ」

 

そしたら、空港に着いていきなり歓迎の踊りを見ることができたなの!

 

男性の踊りは、ラグビーワールドカップで話題になったハカににている気がするなの!

こっけ~:「ハカもニュージーランドの先住民・マオリ族の伝統舞踊だから、ポリネシアの文化の流れを組んでいるんだろうね」

 

ところで、どうして今回の記事は、『36.5ヶ国目』になっているなの?

こっけ~:「タヒチは法律上はフランスの領土だから、国ではないんだ。だけど、本国とは大きく異なる文化を持っているんだよ」

お役所には、左からEU、フランス領ポリネシア、フランスの旗が並んでいたなの!

 

※ フランスの記事はこちら。

 

 

[adv-1]

 

 

美しい太平洋の島

タヒチ島の海は、とにかくとってもキレイなの!

 

こっけ~:「マリンスポーツを楽しんでいる人たちもいっぱいいたよ」

 

町の中は、ヤシの木だらけなの!

こっけ~:「まさに日本人が思い描く南国のイメージそのものだね」

 

 

★ パペーテ

マルシェ ムニシパル(公設市場)には、色鮮やかなトロピカルフルーツがいっぱいだったなの!

こっけ~:「タヒチの人、全員サーフィン上手そう(偏見)」

 

ノートルダム大聖堂のステンドグラスも、南国風だったなの!

こっけ~:「名前にフランスみを感じますね」

 

 

★ アラフラフ・マラエ

こっけ~:「バスに乗って、ポリネシア文化の宗教的な遺跡である、アラフラフのマラエ(神殿)に行ってみたよ」

 

かわいい木の板がいっぱいあったなの!

 

こっけ~:「こちらはティキと呼ばれる神聖な像です。残念ながらレプリカだけど」

モアイさんにそっくりなの!

こっけ~:「モアイもポリネシアの文化圏だからねー」

 

 

[adv-2]

 

 

もろたべ ~タヒチ料理~

タヒチでは、ルロットと呼ばれるキッチンカーの屋台があったなの!

こっけ~:「夏の夜の空気感、最高!」

 

★ タヒチの生マグロ、ココナッツミルクソース

★ マヒマヒ(シイラ)のグリル

屋台では、タヒチでとれるお魚さんをいただいたなの!

こっけ~:「本来は一つずつ別のメニューなんだけど、それぞれハーフサイズでお願いしたらOKしてくれた!」

 

★ ガレット

こっけ~:「フランス領らしく、ガレットの屋台もあったよー」

屋台とは思えないクオリティーの高さだったなの!

 

 

★ フランスパン(バゲット)

フランスと言えば、おいしそうなフランスパンもいっぱい売られていたなの!

 

 

★ タヒチラム

こっけ~:「そして、南国タヒチ産のサトウキビを使ったラム酒もいくつか見かけたよー」

パイナップルやオレンジの味がついているものもあったなの!

 

 

★ ヒナノビール

お酒といえば、タヒチではビールも作られていたなの!

こっけ~:「スコールに打たれそうになったとき、雨宿りさせてくれたおっちゃんがこのビールまでプレゼントしてくれたんだ!」

 

 

[adv-3]

 

 

本日のとモロだち

まずは、空港でお出迎えのダンスをしてくれたお兄さんなの!

こっけ~:「滝のように流れる汗が、運動量を物語っていますねー」

 

そして、雨宿りさせてくれた上にヒナノビールをごちそうしてくれたおじちゃんなの!

こっけ~:「こうやっておもてなししてくれると、その国を大好きになれるよねー!」

 

 

[end-m]

 

 

こっけ~:「ちなみに、タヒチはとても宿が高かったので、」

 

初日:夜についたので空港泊(オープンな感じなので半分野宿)

2日目:カウチサーフィン(おうちに泊めてもらう)

3日目:夜発の飛行機で経って機内泊

 

こっけ~:「という行程にしたので、宿代がかかりませんでした」

ビーチリゾートなのに、相変わらずの強行スケジュールなの!

オセアニアカテゴリの最新記事