【07.タジキスタン】景色だけじゃなくて心も美しい国なの!

【07.タジキスタン】景色だけじゃなくて心も美しい国なの!

 

 

サローンヌタジク語なの!モロくんなの!

 

こっけ~:「モロのかいぬし、こっけ~ですー。今回は中央アジアのタジキスタン!」

 

優しい人がいっぱいの、ステキな国だったなの!

 

※ 旅のまとめ記事はこちら。

 




 

7ヶ国目・タジキスタン

 

キルギスの次は、タジキスタンへ入国したなの!

 

※ キルギスの記事はこちら。

 

 

★ 最高の絶景、パミール高原!

 

タジキスタンに入ってそのまま、パミールと呼ばれる地域へ入ったなの!

 

こっけ~:「素晴らしい絶景続きのこの地域は、次の記事で改めて紹介します!」

 

 

★ ドゥシャンベ

 

パミールを抜けた後は、首都のドゥシャンベに到着したなの。

 

 

こっけ~:「建築物から溢れ出す共産主義感がたまらない!」

 

 

ハジ・ヤコブ・モスクではご飯をいただいただけではなく、広辞苑より分厚いコーランももらったなの!

 

 

★ アンソーブ峠

 

こっけ~:「ドゥシャンベから北部へ行くときは、イステグロールトンネルを通るのが一般的なんだけど、ここは死のトンネルと呼ばれるくらい危険らしい」

 

だけど、この時はトンネルが工事中で通れなかったので、アンソーブ峠を越える道路で向かうことにしたなの。

 

こっけ~:「死のトンネルを通らなくていいからラッキーって思っていたら、在タジキスタン・日本大使館情報によると、」

 

トンネル閉鎖時の迂回路として「アンゾーブ道路」がありますが,「アンゾー ブ道路」の状況は,

・ 土石流・落石の危険
・ 路面の凍結の危険
・ 対面通行困難
・ 運転操作ミスによる転落の危険
・ 高所による温度低下
・ 劣悪な路面状況
・ 通信手段の確保困難
・ 夜間通行に伴う危険

等を伴い,同道路を通行することはお勧めいたしません。

 

こっけ~:「とのことらしい」

 

 

道中、車のトラブルにも見舞われたなの!

 

こっけ~:「そして、前日までは半袖でいい気候だったのに、」

 

 

こっけ~:「標高3372mあるアンゾーブ峠を越える頃には、雪景色に!」

 

高低差ありすぎて耳キーンなるわなの!

 

こっけ~:「この後、正面衝突の交通事故渋滞にも巻き込まれたから、危ない道だったんだねー」

 

 

★ イスタラフシャン


(ムグ・テペ。2500年前の都の跡)

 

そんな危険をかいくぐって来たのが、イスタラフシャンという町なの!

 

こっけ~:「とにかくここの人たちが超フレンドリー!」

 


(ブルードーム)

 

なぜか赤いバラの花をいただいたなの!

 

 

★ ホジャンド

 

こっけ~:「タジキスタン第二の都市・ホジェンドには、」

 

 

こっけ~:「中央アジアで最大の市場・パンシャンベバザールがあるよ」

 

 

すぐとなりには、金曜モスクがあって、ちょうど礼拝の時間だったので参加してみたなの!

 

 

★ ブストン

 

ブストンは、ウズベキスタンとの国境にある町なの。

 

こっけ~:「あまりこの国境から越える人はいないらしいけど、すんなり行けたよー」

 

 

 

 

もろたべ ~タジキスタン料理~

 

こっけ~:「タジキスタンも今までの中央アジアと同じく、」

 

こっけ~:「油の炊き込みご飯・プロフ、」

 

こっけ~:「トマト味のスープ仕立てのラグマン、」

 

こっけ~:「羊や鶏肉の串焼きのシャシリク、」

 

こっけ~:「肉と野菜のスープ・ショルパなど、シルクロード料理メニューが多かったよ!」

 

ピーマンの中に具を詰めたガルプツィや、

 

 

お肉と野菜をじっくり煮込んだダムラマなども食べたなの!

 

こっけ~:「そんな中、タジキスタン特有の料理も見つけたよ!」

 

 

こっけ~:「それがこちらのクルトップ! ナンをヨーグルトに浸した料理だよ」

 

野菜もいっぱい載っていてとってもおいしかったなの!

 

こっけ~:「クルトップ食べたい! って言ったら、市場にいた人がお店探してくれた。いい人やー」

 

 

 

 

本日のとモロだち

 

タジキスタンも、フレンドリーな人がいっぱいだったなの!

 

 

カメラを首から下げているだけで『撮ってくれよ!』って人がいっぱい来たなの!

 

こっけ~:「それでいてお金を要求してきたりとかもないから、本当に楽しかった!」

 

 



ポチっと押してくれたら嬉しいなの♪


 

こっけ~:「さて、本日8月9日は長崎に原爆が落ちた日だね」

 


(長崎の原爆跡地)

 

こちらもずっと前に行ったきりだから、来年行きたいなの!

アジアカテゴリの最新記事