【世界一周講座・治安対策】ケチャップ強盗に遭った話

【世界一周講座・治安対策】ケチャップ強盗に遭った話

 

ブエノス タルデススペイン語)なのモロくんなの!

 

こっけ~:「モロのかいぬし、こっけ~ですー。今回はチリ本土について二日目に、南米の洗礼を受けた時の話だよ」

 

この記事を見て、みんなも被害に遭わないように気をつけてほしいなの!

 

 

 

 

 

南米大陸2日目で被害を受ける

 

この日は、宿に泊まっている人と3人と1匹で、お出かけしようとしたなの。

 

宿から最寄りの地下鉄の駅まで歩いていたら、知らないおじさんに話しかけられたなの。

 

こっけ~:「スペイン語でよくわからんかったけど、ボクの方を指差してたー」

 

すると、一緒にいた一人が、

 

Cさん:「急いで!」

 

と急に早足になったなの。

わけもわからないまま着いていって、地下鉄の駅に入ると、

 

Cさん:「ケチャップかけられてる!」

 

 

かいぬしさんのカバンに、緑色の何かがついていたなの!

 

こっけ~:「かばんだけじゃなくて、上着にも付いてたよー・・・・・・」

 

しかもなかなか落ちなかったなの!!

 

 

 




 

ケチャップ強盗って一体何?

 

こっけ~:「さて、それではケチャップ強盗の手口について説明しよう」

 

1.知らないうちに、ケチャップをつけられる。

 

今回は3人一緒に歩いていたのに、誰ひとりとしてつけられたことに気づかなかったなの!

 

 

2.「汚れてますよ」と声をかけられる。

 

ここまではかいぬしさんたちも体験したなの。

 

 

3.拭く手伝いとして、カバンを預かる。

 

ここでカバンなどを渡してしまってはダメなの!

こっけ~:「敵は犯罪者なんだから、毅然として断ろう!」

 

 

4.拭くフリをして貴重品を抜き取る、またはカバンを第三者に渡す。

 

ケチャップをつける役、声をかける役、荷物を持ち去っていく役と、相手は集団で盗んでいくらしいなの!

 

 

 

 

ケチャップ強盗の被害に遭わないために

 

こっけ~:「手口がわかっていれば、少なくとも荷物を守ることはできる犯罪だ。というわけで、対策を見ていこう!」

 

1.そもそもケチャップを付けられないように、全方向を警戒

 

といっても、四六時中きょろきょろしていたら、疲れちゃうなの。

こっけ~:「そうだね。でも、ケチャップ強盗に限らず、スリや置き引きなど、油断しないことは大事だよ」

 

 

2.ケチャップを確認したら、安全な場所へ逃げる

 

絶対に荷物を渡してしまってはダメなの!

こっけ~:「駅やお店の中などへ行って、誰にも荷物が盗られない場所へ逃げ込もう。遠慮してる場合じゃなし!」

 

 

3.無事を確認したら、気分転換!

 

こっけ~:「荷物は盗られなくても、カバンや服に臭いやシミは残るし、何より不愉快だよねー」

 

一通り吹き終わった後は、おいしいものを食べに行ったり、この経験をネタにして誰かに話したりするとスッキリするなの!

 

 

 

 

こっけ~:「ってな感じで、ケチャップ強盗に遭った話でしたー」

 

何も盗られなくて、本当に良かったなの。

 

こっけ~:「しばらくケチャップの臭いがしたから、無性にマックナゲットが食べたくなって仕方がなかったよー」

 

無神経にも程があるなの!

 

 



ポチっと押してくれたら嬉しいなの♪


 

こっけ~:「最初に南米入ったときも、3日目にiPhoneひったくられたしねー」

 

南米は見どころいっぱいだけど、十分気を付けてほしいなの・・・!

 

 

世界一周講座カテゴリの最新記事