世界一周講座『意外と知らない? 世界の宗教 仏教編』

世界一周講座『意外と知らない? 世界の宗教 仏教編』

※ 当記事は2016年7月6日に投稿されたものを、加筆修正して再掲載したものです。

 

 

旅するホワイトタイガー、モロくんなの!

 

こっけ~:「モロのかいぬし、こっけ~ですー」

 

それでは11さいの虎でもわかる世界一周講座、スタートなの!

 

 

 

 

 

 

 

知らないとヤバイ! 世界の宗教

 

こっけ~「きりーつ、きをつけー、お手々のしわとしわを合わせて幸せー、ちゃくせーき」

 

シュールな光景なの!

 

こっけ~:「というわけで、今日は仏教について扱うよ!」

 

今回は日本人にわりと馴染みがある宗教なの。

 

こっけ~:「そうだね。けど、身近にあるからこそ案外知らないことも多いと思うんだ」

 

確かに、ちゃんと知っているかと言われたらよくわからないなの。

 

こっけ~:「それでは仏教について勉強していこう!」

 

 

 

 

 

意外と知らない? 仏教

 

こっけ~:「さて、日本でも仏教は広まっているけど、他の国ではどうだと思う?」

 

モロくん手塚治虫さんのマンガで知っているなの! 仏教はブッダさんが、インドで開いたなの!

 

こっけ~:「よく知っているね! だけど、こちらを御覧ください」

 

(開発教育・国際理解教育ハンドブックより引用)

 

インドの部分は仏教じゃなくなっているなの!

 

こっけ~:「そうなんだ。始まりこそインドなんだけど、今のインドで一番信者が多いのはヒンドゥー教(地図の黄緑色)だ」

 

仏教(地図の赤色)は、インドよりも東にある国に多いなの。

 

こっけ~:「ただ、この地図で仏教になっている中国は無宗教、韓国はキリスト教、日本は神道の人も多いよ」

 

ということは、仏教徒は案外少なさそうなの。

 

こっけ~:「世界三大宗教と言われながらも、信者の数はヒンドゥー教より少ない第四位、約5億人ってところかな」

 

 

 

(タイ ワット・ポーにて)

 

 

 

仏教が信仰している対象って?

 

こっけ~:「前回までのキリスト教、イスラム教と比べると、仏教には大きく異なるところがある」

 

  宗教は大きく分けて二種類! 

 

 ・ 一神教 ・・・ 一柱の神のみを信仰

   例 : キリスト教、イスラム教、ユダヤ教 

 

 ・ 多神教 ・・・ 複数の神を信仰

   例 : 仏教、神道、ヒンドゥー教

 







日直


 

 

第一回の講座でやったなの! 仏教は多神教なの。

 

こっけ~:「そうなんだ。だからその名の通り、仏教には神様がたくさんいる・・・・・・って思うじゃん?」

 

違うなの!?

 

こっけ~:「と思いきや、なんと仏教の世界には”神”は存在しないんだ」

 

多神どころか、無神なの!?

 

こっけ~:「”神”というのは世界の創造主だったり全知全能だったり、ようするにすごい存在のことだ」

 

キリスト教の神様は、世界を7日間で造ったらしいなの。

 

こっけ~:「だけど仏教で尊ぶ”仏”とは”真理に目覚めた人”、つまり、人が成れる存在なんだ」

 

そういえば仏に成ると書いて、”成仏”と読むなの!

 

こっけ~:「とは言えバラモン教とかゾロアスター教とか他の宗教の神様が法話の中に出てくるから、多神教に分類されるよ」

 

 

 

(中国・懸空寺にて)

 

 

 

仏教ってどんな宗教? 

 

こっけ~:「さっきの話の続きで、仏教は決して仏を神として崇めるのではなくて、自身が仏になるための哲学のようなものだね」

 

確かに、お坊さんは滝に打たれたり火の上を歩いたり、厳しい修行をしているなの。

 

こっけ~:「だから仏教の宗教施設・お寺は祈りの場というよりは修行、求道の場に近いのかもしれないね」

 

(和歌山・金剛峯寺にて)

 

こっけ~:「さて、そんな仏様に近づくためのキーワードは」

 

苦集滅道

 

こっけ~:「の4つとされる。これを四諦(したい)と呼ぶよ」

 

縁起が悪い名前なの。

 

「”苦”とは、生きていくには、苦しいことがいっぱいだね。

 ”集”とは、さっきの苦しいことには、全部原因があるんだね。

 ”滅”とは、でも、どんな苦しいことだって、終わりがあるよ。

 ”道”とは、だから、それを終わらせる方法を究めましょう。

 と、まぁざっくり言うとこんな感じかな」

 

重要な教えなのに、口調がフランクすぎるなの!

 



ポチっと押してくれたら嬉しいなの♪


 

 

世界一周講座カテゴリの最新記事