"シー"級グルメイベントで、鮫と魚尋と和布を食べたなの!


「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
上のバナーを押して応援してくれると、ブログ更新ガンバれるなの!


 

 


モロくんなの!


こっけ〜:「モロのかいぬし、こっけ〜ですー」

 

 

先週の土曜日に、グルメイベントへ行ってみたなの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週の土曜日は、愛知県蒲郡(がまごおり)市へ行ってきたなの。

 

 

目的はずばり、

 

 

iPhoneImage.png

 

 

Sea級グルメ全国大会なの!

 

 

こっけ〜:「第9回を数えるこのイベントは、全国各地の海産物を使ったご当地グルメの大会だよ。だけど、」

 

 

iPhoneImage.png

 

 

こっけ〜:「モロは入場禁止ね」

 

 

ひどいなの!!

 

 

 

 

 

 

 

会場には、全部であわせて、

 

 

iPhoneImage.png

 

 

22のSea級グルメのテントが並んでいたなの!

 

 

こっけ〜:「いろいろ気になるけど、旅人としてはやっぱり珍しいものが食べたいよねーというわけで選んだのはこちら!」

 

 

iPhoneImage.png

 

 

・・・・・・よく見るたこ焼きなの!!

 

 

 

こっけ〜:「ふ、甘いなモロ。これは岩手県は真崎からやって来た、中に茎わかめが入っている"真崎焼き"なのさ!」

 

 

お味はどうだったなの?

 

 

こっけ〜:「ソースとマヨネーズって最高だよね。かつおぶしの香りもたまんない」

 

 

それだったらたこ焼きと変わらないなの!

 

 

こっけ〜:「えー、ふわっとした生地と、それと対象的な茎わかめの歯ごたえのアクセントがようござんした」

 

 

それでは次のSea級グルメへ行くなの!

 

 

こっけ〜:「あ、この記事のタイトルにあった"和布"は、"ワカメ"と読むよー」

 

 

 

 

 

 

 

次にかいぬしさんが選んだのはこちらなの!

 

 

iPhoneImage.png

 

 

こっけ〜:「三重県鳥羽市からエントリーの、サメ春巻き! さて、一体何が入ってるでしょうか?」

 

 

サメに決まっているなの!

 

 

こっけ〜:「デスヨネー。ちなみに、お店の人に聞いてみたら、ホシザメというサメを使っているそうな」

 

 

(「地球寄ってく? Fishing Paradise」さんより引用したなの!)

 

 

けっこう見た目がサメサメしいサメさんなの。

 

 

こっけ〜:「けど、味はクリームがまろやかで、とっても食べやすかったよー。ついでにタイトルの"鮫"は"サメ"と読むよ!」

 

 

 

 

 

 

 

いろいろ食べてみたいけど、お腹の容量とお財布の容量的に、次が最後の一品なの。

 

 

迷いに迷って選んだのが、

 

 

iPhoneImage.png

 

 

こっけ〜:「福島県いわき市からお越しの、カジキメンチ! クロカワカジキを使っているよー」

 

 

ぎっしり詰まっていて、なかなかボリューミーだったなの!

 

 

こっけ〜:「そしてこの記事のタイトル最後の"魚尋"は、"カジキ"でしたー。チョウザメと呼ぶこともあるらしいけど」

 

 

 

 

 

こっけ〜:「通販でも売られているらしいよー。食卓に、お弁当に、ぜひどうぞー」

 

 

 

 

 

三谷水産高校が所有している実習船の船内見学や、地元有志のよさこい踊りなども見られて、楽しかったなの!

 

 

こっけ〜:「日本は島国だから、海産物に感謝していきたいね〜」

 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
ポチっと押してくれたら嬉しいなの♪


 

 

おまけ

 

 

帰り道に寄った道の駅に、

 

 

iPhoneImage.png

 

 

柿がたくさん売られていたなの!

 

 

こっけ〜:「しかし、買ったのは柿ではなく、」

 

 

iPhoneImage.png

 

 

こっけ〜:「こちらの筆柿ソフトクリーム!」

 

 

柿のつぶつぶが入っていて、美味しかったなの!

 

 

こっけ〜:「またご当地ソフトを見つけたら、どんどん食べていくよー」

 

 

 


犬の肉・ポシンタンを食べてから一年。食文化とは何か考えてみた。


「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
このバナーを押して応援してくれると、ブログ更新ガンバれるなの!


 

 


モロくんなの!



かいぬし:「モロのかいぬしですー。一年前の6月22日は韓国の釜山で、」



 

 

 

かいぬし:「こんなものを食べたよ」

 

 

 

美味しそうなの! ・・・と言いたいけど、既にタイトルにあるから何の肉かわかっちゃうなの。

 

 

 

かいぬし:「そう。このポシンタンという料理に入っているのは、犬の肉だ。今回は、あれから一年経った今、思うことを書くよ」

 

 

 

一年前に書いた記事はこちら。

【釜山】犬の肉・ポシンタンを食べてみた。

 

 

 

一年前と同じく、この記事はかいぬしさんが書くらしいので、交代するなの。

 

 

 

改めましてどうも、太字やカギカッコではないですが、モロの飼い主です。

それでは、犬の肉を食べてから一年たった今の思いを書こうと思います。

 

 

 

ポシンタンを食べたのは世界一周も始まってからまだ2日目のことだった。

日本を発ってからまだ日も経っておらず、しかも1ヶ国目は韓国ということで文化は日本のそれと近い。

だから、亀浦市場のポシンタン通りへと向かったのは、"世界一周に出た"という手っ取り早い実感が欲しかったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

9ヶ月間世界を旅して、あれからたくさんの場所を見てきたけれど、この薄暗いアーケードの雰囲気は今もよく覚えている。

市場というのは様々な匂いが混じっているものだが、その例に漏れず肉の匂いがする道。

だが、檻の中に入っているのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬、だ。

 

 

 

一年前、ボクはこのように書いた。

 

 

 

 自分が知らないからといって拒絶するのは、世界を狭めてしまう行為だと思う。
犬を食べたこともないままそれを批判するのは、愚の骨頂というものだ。
なぜなら、韓国では昔から犬を食べているのだ。
イスラム諸国では豚が、ヒンドゥー教の国では牛が食べられないからといって、彼らにトンカツや牛丼を否定されたらどう思うだろうか。
ボクだったら「よそはよそ、うちはうちなんだから、他人の食文化にケチをつけるな!」と思う。

 

 

 

あれから一年経って考え方が変わったかといえば、そういうわけではない。

"論理的に"考えれば、食用に育てられた犬は、牛や鶏と同じ家畜である。

あくまでも世界的に見れば一般的ではないだけだ。(皮肉な言い方をすれば"西洋的"に見れば、だ。)

 

 

 

しかし、人間とは不思議なもので、自分の生まれ育った文化と異なるものには不快感を示す。

日本人の鯨食を批判しているオーストラリア人はカンガルーを食べ、フランス人はウサギを食べる。

同じ哺乳類だというのに、そこに何の差があるというのだろうか。

それぞれの文化を尊重すればよいのではないか。

 

 

 

 

 

 

 

と、思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、完全な論理など存在しない。

全ての食文化を許容するべきだというのであれば、一つ考えなくてはいけない壁がある。

 

カニバリズムだ。

つまり、人間を食べるという文化である。

 

現在でも行っている場所は数少ないかもしれないが、タンパク源となる大型哺乳類の少ないオセアニア地域などでは行われていたらしい。

一説では、史上初の世界一周に挑戦したマゼランは、食人文化のある島に上陸して殺されたとも言われている。

各々の食文化を尊重するべきなのであれば、カニバリズムも認めなくてはいけない。

 

 

 

それも認めればいいじゃないか、と平気で言えるほど、ボクは達観していない。

実際に犬を食べた時も、頭ではただの家畜だとわかっていながら、湧き出す罪悪感を抑えることができなかった。

ましてや人間を食べるなど。まったく受け入れられる気がしない。

 

では、一方的な殺人を禁じればよいのだろうか。

つまり、犬と同様、食用に育てられた人間ならばよいのか?

冗談じゃない。そんなことあっていいはずがない。

だが、動物ならば許されるのに人間ならば許されないというのは、人間のエゴだ。

 

 

 

そう、つまりはエゴなのだ。

犬を食べるのが嫌だというのも、クジラを食べるのが嫌だというのも、全てはエゴなのだ。

全てのとはいえないが、人間は自分の欲求のもとに生きている。

食べたい。寝たい。楽に生きたい。

だから、時には犯罪に走り、人間同士のトラブルが起こる。

全員が忠実に動けば上手くいくであろう共産主義が理想のままであるのも、人間は理性よりも感情が強いからなのだ。

 

この世は、一つの文化や考え方が正しいという絶対主義ではない。

かといって、各々の関係から善悪を測る相対主義だって、何の解決にもならない。

ボクは、この世は虚無主義だと思っている。

正しい物なんて、そもそも存在しない。

全ての人が分かり合えることなど、無理に決まっている。

 

と、希望の全くない結論を書いたところで、ボクはダブルスタンダードを提唱する。

正しい物などないからこそ、己の思う正しい道を貫けばいいのじゃないかと。

全ての人がエゴに生きているのだから、ボクも、あなたも、好きに生きればいいと思う。

 

 

食文化の話から哲学まで飛躍してしまったが、これがポシンタンを食べるということからボクが導き出した答えである。

 

 


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
ポチっと押してくれるとブログ更新の励みになります。



【もろたべ】カザフスタン&キルギスの料理なの!


モロくんなの!

今回は、カザフスタンとキルギスの料理について書くなの!

どこのお店に行っても大体同じメニューだから、これさえ見れば現地の食事には困らないなの!


 
【かいぬしからのお知らせ】
「ボクは今現在、ウズベキスタンにいます。
_10月14日からトルクメニスタンを、その後はコーカサス、イランを周る予定です。
_一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




 食 べ 物 編 

プロフ



中央アジア料理の定番中の定番なの!

朝、大きな鍋でお米をお肉やニンジンなどと一緒に炊き込むなの。

油を吸ってしまうから、午前中からお昼に食べるのをオススメするなの。





ラグマン




こちらも中央アジア料理の定番の麺料理なの!

ソースは大体トマトベースなの。

スープに入っているラグマン、具をかけるラグマン、焼きラグマンなどいろんな種類があるなの。



シャシリク



そこら中でいい匂いを出しているのが、このシャシリクなの!

羊さんや牛さん(たまに鶏さん)のお肉の串焼きで、炭火で焼いていただくなの。

酢がかかった玉ねぎと一緒に食べると、美味しさが増すなの!



クルダック



お肉とじゃがいも、玉ねぎを炒めた料理なの。

ぶつ切りのお肉は食べごたえがあるなの。



ビフシュテスク




英語読みで"ビーフステーキ"、実際はハンバーグなの。

どこで食べても美味しいから、困ったときにはこれをよく頼んでいたなの。



ガンファン




トマトベースのソースをご飯にかけた、回族の料理なの。

多くの野菜が煮こまれていて、深みのある味なの。



ケバブ



パンに焼いたお肉、そしてたっぷりのマヨネーズをはさんだファストフードなの。

気軽にテイクアウトできるから、街歩き中や長距離移動の時に便利なの。



ベシュバルマク




茹でた馬肉が載っている麺料理なの。お馬さんのお肉なのでやや癖があるなの。

中央アジアの中でも、特にカザフスタンとキルギスの伝統料理なの。



アシャランファイ



回族の料理の一つで、麺が寒天でできているなの。

旅先であったJICAの人いわく、カラコルで食べるのがオススメとのことなの。



アズー



フライドポテトの上に牛肉が載っている料理なの。

ソースがとっても美味しくて、ボリュームも満天なの!



マンティ



お肉が入っている水餃子なの。揚げたバージョンもあるなの。

ヨーグルトソースをかけて食べることもあるなの。



グヤーシュ



柔らかく煮こまれたお肉なの。

大抵の場合、付け合わせにマッシュポテトやお野菜などがつくなの。



ショルパ




大きなお肉と野菜がごろっと入っているスープなの。

ナンをひたしながら食べると、お腹も膨れて一石二鳥なの!



 飲 み 物 編 

クムス



お馬さんのお乳を発酵させたお酒なの。

かなり臭いが強いので、飲んだ旅人たちの評価はことごとく不評だったなの・・・・・・



カクテル



お酒ではなくて、バニラシェイクのような味がする甘い飲み物なの。

市場などで気軽に飲むことができるなの。



クバス



中央アジアので広く飲まれている炭酸飲料なの。

道端などでもとっても安い価格で売られているなの。



 番 外 編 

いちごタルト




キルギスのビシュケクで美味しいと評判のスイーツなの。

かいぬしさん的には、タジキスタン大使館近くのお店が一番らしいなの!



クルト



チーズの酸味と臭いをかなり強くした塊なの。

おつまみやスープのもとなどにはいいかもしれないけど、単品で食べるとかなりきついなの・・・・・・

市場でよく試食させてもらえるから、話の種に一つくらい食べるといいかもしれないなの。



以上、カザフスタンとキルギスの料理についてお届けしたなの!

かいぬし:「中国西部からトルコくらいまでのシルクロード圏は料理が似ているんだ」

確かにウイグル自治区でもプロフを食べたし、この後行ったタジキスタンやウズベキスタンもほとんど同じなの。

かいぬし:「カザフでは食費がめちゃんこ高いから、実際は毎日パンかインスタント麺ばかり食べてたけどね」

その点、キルギスは宿代も食費も安かったなの!




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!




【もろたべ】辛いもの苦手な人でもダイジョブ! 中華料理特集なの!


モロくんなの!

今回の記事では、中国で食べたご飯をまとめて紹介するなの!


 

「ボクは今現在、タジキスタンにいます。
9月下旬からウズベキスタンを、10月上旬にトルクメニスタンを周る予定です。
一緒に周れそうな方、これに似た旅の計画がある人を知っている方、ぜひご連絡ください!
また、それとは関係なく中央アジア情報(おすすめの場所・宿)も絶賛募集中です!」


いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
現在、Wi-Fiがないところにいるので、このブログの更新は予約投稿なの。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!




宫保鸡丁(ゴンバオジーディン)



鶏肉とピーナッツの炒めものなの!

四川料理の一つだけど、タレは甘辛くらいでご飯がとっても進むなの!



鱼香肉丝(ユーシャンロースー)



豚肉を甘酸っぱく炒めたものなの。こちらも四川発だけど、辛くないなの!

豚肉が食べられないウイグルや中央アジアに行く前に食べておくといいかもなの!



炒饭(チャーハン)



もはや説明不要の食べ物なの!

いろんな具材を載せたりして、バリエーション豊かなの!



刀削面(ダオシャオメン)



中国の山西省にはたくさん麺料理があって、その中の最も代表的な一つなの。

小麦粉の塊を刃物で細く切って直接お鍋に入れて茹でるからこういう名前なの。

露店へ行けば、その様子が見られるかもしれないなの!



火鍋



お鍋の中にお肉やお野菜を入れてごまだれにつけて食べる、しゃぶしゃぶのような料理なの!

一人では高いから、みんなで食べに行くといろいろ食べられていいと思うなの。



酳憧



ぜんざいに見えるけど、黒いお米のおかゆなの。

だから味はほとんどしなくて、砂糖をぶち込んで食べるなの。



左:莜面栲栳栳(ヨウメンカオラオラオ)
右:过油肉(ゲオヨウロウ)




莜面栲栳栳は、筒状ん形をしている麺類なの。お酢やピリ辛ソースにつけて食べるなの。

八ツ橋の皮のような食感をしていて面白いけど、これだけだと飽きちゃうなの。

过油肉は、豚肉と葱ときくらげが炒めてあるなの。その名の通り油っぽいなの。

どちらも山西省の名物料理なの!



碗禿(ワントウ)



薄くて平べったい麺料理なの。

冷やし中華的な感覚で、つるっといただけるなの!



猫耳朵(マオアールドウ)



すごい名前だけど、決して猫の耳が入っているわけではないなの!

小麦粉が猫の耳のような形をしていて、マカロニみたいなものだと思ってもらえればいいなの。



羊肉泡馍(ヤンロウパオモウ)



パン(わりと密度があるなの)を、スープに浸して食べるなの。

スープの中には、たくさんの羊の肉が入っているなの!

けれど、香草などのおかげでちっとも臭みはなかったなの。



兰州牛肉拉面



蘭州名物、ラーメンなの!

牛という字はついているけど、ひき肉みたいなのがほんの少し入っているだけなの。

こちらでは朝や昼などの早い時間に食べたほうが、スープが悪くならなくて美味しいと言われているなの。

最後に辛いラー油をかけるので、辛いものが苦手な人は少なくしてもらうといいなの!



抓飯(ジュワファン) ウイグル語ではپولو(ポロ)



中央アジアの国でよく見られる炊き込みご飯なの!

新疆ウイグル自治区でよく食べられていたなの。



ﻟﻪﯕﻤﻪﻦ(ランマン)



こちらも中央アジアでよく見られる料理なの! ラグマンとも呼ばれるなの。

ウイグルのランマンは味付けが中央アジアのそれとは異なるから、食べ比べてみると面白そうなの!



面肺子



羊の肺の中に小麦粉を詰めて茹でたもので、羊の心臓やレバーも入っていたなの。

かなりクセのある味で、かいぬしさんは完食していたけど、好みは分かれそうなの。



以上、モロくんたちが食べた中華料理についてお届けしたなの!

かいぬし:「もちろん中華料理はここにある物以外にも星の数ほどあるから、ご参考までに」

みんなも素敵な中華料理に出会ったら、ぜひ教えてほしいなの!

かいぬし:「いやー、中国はご飯だけはよかったもんなー。ご飯だけは」

そのセリフに、いろいろな思いが詰まっているなの・・・・・・



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!





らんきんぐ

モロくんなの!
「もろたび。」を応援してなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
(ポチっと押してほしいなの。)

ついったー

こめんと

  • 【アイスランド】圧倒的絶景! 滝に氷河に洞窟温泉なの!
    こっけ〜
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    こっけ〜
  • 【アイスランド】圧倒的絶景! 滝に氷河に洞窟温泉なの!
    なお
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    森 きより
  • 【イギリス】まずい料理 VS 貧乏舌のかいぬし! 逆ほこ×たて対決なの!
    モロくん
  • 【イギリス】まずい料理 VS 貧乏舌のかいぬし! 逆ほこ×たて対決なの!
    ここんとうざい
  • 【モロッコ】分け入っても分け入っても青い壁とネコちゃんたちなの!
    モロくん
  • 【メキシコ東部】先住民族にピラミッドにダイビング! 毎日盛りだくさんなの!
    モロくん
  • 【キューバ】ネットもねぇ! 便座もねぇ! だけどハッピーな国なの!
    モロくん
  • 【モロッコ】分け入っても分け入っても青い壁とネコちゃんたちなの!
    広瀬萌絵

モロくんのにっき

かてごりー



もろたび。けんさく

かれんだー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

あーかいぶ

とらっくばっく

ぷろふぃーる

そのほか

ケータイ

qrcode

おせわ

無料ブログ作成サービス JUGEM