【リストビャンカ】世界一深い湖の底まで行ってみたなの!


モロくんなの!

3泊、57時間のシベリア鉄道移動をようやく終えたなの!


 
いつも「もろたび。」を読んでくれてありがとうなの!
8日間の草原ツアーから戻ってきたら、世界一周ランキング46位まで下がっていたなの・・・・・・
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
このバナーを押して、応援してほしいなの!



朝の7時前に、イルクーツク駅へ着いたなの。



けど、今日はここからさらにリストビャンカという街へ移動なの。

どうやって移動すればいいか分からないからうろうろしていたら、タクシードライバーの人が声をかけてきたなの。

タクシー:「リストビャンカ? 2000ルーブル!」

かいぬし:「高い高い! バスターミナルは?」

タクシー:「300ルーブル!」

かいぬし:「高い高い!」


そこで、以前「もろたび。」のコメントで教えてもらった『Maps.me』というアプリを開いてみたなの。

そしたら街の中心部にバスターミナルを見つけたなの!

というわけで、そこまで



トラムで移動することにしたなの。

トラムはたった12ルーブルなの。

危うくタクシードライバーに300ルーブルも取られるところだったなの。



バスターミナルへ行くと、たくさんのワゴンが止まっていたなの。

シベリア鉄道の中でキリル文字の読み方を覚えておいたおかげで、



「Листвянка」と書いてあるワゴンを見つけたなの!

iPhoneの電卓アプリを運転手に見せたら120ルーブルだったなの。

危うくタクシードライバーに2000ルーブルも取られるところだったなの!







1時間くらいワゴンに乗っていたら、リストビャンカに着いたなの!

そして、すぐ目の前が



バイカル湖なの!

かいぬし:「バイカル湖は、その生態系の多様性から世界遺産に指定されているよ」

バイカル湖も世界遺産なの? 韓国で見たものと全然違うなの。

「韓国では8つの世界遺産を見たけど、どれも文化遺産の方だったからね。
今回のバイカル湖はこの旅初めての自然遺産だぜ!」



バスを降りた後、やっぱり少し迷いつつ宿を見つけたなの。

けど、そこの宿は鍵が開いていて開かないなの!

困っていたら、ちょうど宿に泊まっている他のゲストさんが中から開けてくれたなの!

しかも、宿のスタッフさんがいないので、電話もかけてくれたなの!

さらに朝ごはんのケーキと紅茶までくれたなの。とってもいい人だったなの!



スタッフさんがやってきてチェックインできたので、いよいよリストビャンカを散策なの。

バスターミナルから4kmほどバスに乗って、まずは展望台へ来たなの。そしたら・・・・・・



なぜか上まで上がるリフトが止まっていたなの。

そこにいる人に、歩いたらどれくらいかかるか聞いてみたら

そこの人:「フォーアワー」

よ、4時間もかかるなの!? これはもう無理―――

かいぬし:「よーし、気合入れていくかー!!」

え!? 登るなの!?

かいぬし:「あったりまえでい! バカと煙は高いところに登りたがる、ってね!」







そんなわけで



登ったなの。どうやらここはスキーのゲレンデっぽくて、けっこうな坂だったなの。

でも、時間は小一時間ほどしかかからなかったなの。

「その時あたし、気づいちゃったんです。『フォーアワー』は『Four hours(4時間)』ではなく、『For an hour(1時間)』だったってね」

稲川淳二みたいに言ってるけど、怖い話じゃなくてただ語学力がないだけなの。



リフトの先をさらに行くと



ついにバイカル湖を見下ろせる展望台へ着いたなの!

登っている最中は少し曇っていたけど、頂上についたらちょうど晴れたなの!



展望台には、名前が書かれた色とりどりの布が巻かれていたなの。

「やっほー!!」

かいぬしさんは叫んだけど、向こうは山じゃないからこだまは返ってこなかったなの。







展望台の次は、ふもとのところにバイカル湖の博物館があったので入ってみたなの。



「冬のバイカル湖はロシアの厳しい寒さで表面だけ凍るけど、下の方は表面より温度が高いんだ。そして」



「バイカル湖は夏になっても、表面の水温は最高でも13度ほどにしかならないんだ」

とっても冷たいなの!

博物館だから、展示物や解説がいっぱいあったなの。でも、それだけではなくて







バイカルアザラシさんが、いらっしゃるなの!

「バイカルアザラシはこの湖のみに住む固有種で、世界で唯一淡水に住むアザラシなんだ」



とってもかわいいなの♪



展示をだいたい見終わった頃、気になる看板を見つけたなの。



「Baikal Diving(バイカル ダイビング)って書いてあるね、潜れるのかな?」

奥に進んでみると、なんと



潜水艦のようなところへ出たなの!

何人かお客さんが集まり、チケットを見せたら・・・・・・



潜水艦が出港したなの! 横の画面に、深さ0mって書いてあるなの。

「いやー、水の上に浮かんでいる割には全然揺れないなー。まるでまだ地表にいるようだー」



水深153m、ライトの中にお魚さんの姿が見えるなの。

「いやー、水の中を進んでいるのにすごく安定しているなー。まるでまだ地表にいるようだー」







どんどん深く潜って、なんとバイカル湖の底・水深1637mまでたどり着いたなの!

「ちなみにバイカル湖は、世界最大の湖・カスピ海を抜いて世界で最も深い湖なんだよ」

そんな深いところにも生き物が住んでいるなんて不思議なの!





浮上していく途中、バイカルアザラシさんが窓からあいさつに来てくれたなの!

「いやー、まるでお客さんの方を意識しているような動き方だなー(棒読み)」

・・・・・・さっきからわざとらしすぎるなの。



※ お気づきの方もいるとは思いますが、この『Baikal Diving』は映像です。
正面の他にも両側面に3つずつの窓があり、そこには別の映像が流れているのでとても楽しめますよ!
また、他のお客さんも外国人観光客だったからか、映像は英語で解説されていました。
料金は博物館のチケットに含まれていますので、ぜひオススメです!







博物館から宿方面に向かって散歩していたら、お腹がへってきたなの。

そういえば、さっきの博物館で



バイカル湖には『オームリ』という固有種のお魚さんがいるということを知ったなの。



・・・・・・美味しそうなの。









「というわけで、ジャーン! 『オームリ』です!」

早速食べちゃったなの!

宿の近くに、オームリばかりを売っている市場があったなの。



そこで100ルーブルのオームリと、プロフを食べたなの。

オームリはサケみたいな感じで、とっても美味しかったなの!







さて、モロくんの宿はWi-Fiがないので、Wi-Fiできるお店を探しに行ったなの、

そしたらWi-Fiの表記があるお店があったので



ロシアに入って初めてのボルシチを注文してみたなの。そしたら

「めっちゃうまーーーー!!!!」

期待しないで入ったお店だったのに、とっても美味しかったなの!

「スープはすごく野菜の味が溶けていて、煮てあるお肉も柔らかくてジューシー。
載せてあるサワークリームもすごくまろやか! なんだけど・・・」


なんだけど、どうしたなの?

「肝心のWi-Fiが飛んでいなかった」

看板に偽りありなの!







そんなわけで、次のお店を探しに行ったなの。

同じことにならないようiPhone片手に探したら、ホテルに併設されているバーにWi-Fiが飛んでいるのを見つけたなの。

けど、既にボルシチも食べていて予算があまりないので



かいぬし:「グリーンティー、プリーズ」

ウェイター:「OK」

かいぬし:「・・・・・・」

ウェイター:「・・・・・・フィニッシュ!?」




バーで一番安い緑茶一杯(30ルーブル)だけを注文したら、とっても驚かれたなの。

そして、かいぬしさんはその緑茶だけで2時間も粘っていたなの。



「いやー、バイカル湖を見ながら作業するのは乙なものですなー」

迷惑なお客さんなの!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ポチッと押してくれたら、嬉しいなの!



♪ コメント ♪
コメントしてほしいなの!








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

らんきんぐ

モロくんなの!
「もろたび。」を応援してなの!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
(ポチっと押してほしいなの。)

ついったー

こめんと

  • 【アイスランド】圧倒的絶景! 滝に氷河に洞窟温泉なの!
    こっけ〜
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    こっけ〜
  • 【アイスランド】圧倒的絶景! 滝に氷河に洞窟温泉なの!
    なお
  • 改めまして、モロくん(と少しかいぬしさん)の自己紹介なの!
    森 きより
  • 【イギリス】まずい料理 VS 貧乏舌のかいぬし! 逆ほこ×たて対決なの!
    モロくん
  • 【イギリス】まずい料理 VS 貧乏舌のかいぬし! 逆ほこ×たて対決なの!
    ここんとうざい
  • 【モロッコ】分け入っても分け入っても青い壁とネコちゃんたちなの!
    モロくん
  • 【メキシコ東部】先住民族にピラミッドにダイビング! 毎日盛りだくさんなの!
    モロくん
  • 【キューバ】ネットもねぇ! 便座もねぇ! だけどハッピーな国なの!
    モロくん
  • 【モロッコ】分け入っても分け入っても青い壁とネコちゃんたちなの!
    広瀬萌絵

モロくんのにっき

かてごりー



もろたび。けんさく

かれんだー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

あーかいぶ

とらっくばっく

ぷろふぃーる

そのほか

ケータイ

qrcode

おせわ

無料ブログ作成サービス JUGEM